【メダカビオトープ】メダカの屋外飼育に便利な、おすすめの道具

メダカの屋外飼育をしていて、基本の容器や餌とは別に、これはあって良かったなと思う道具が幾つかあります。

屋外飼育なので、メダカ用品メーカーさんのおすすめグッズとは違っているものも数点(^ ^ )これからメダカの屋外飼育に挑戦してみようかと考え中のあなたの参考になれば嬉しいです。

ネット

これは必需品だと思います。
主な用途は、メダカを引っ越しさせる際の捕獲ですが、それ以外にもいくつかの使い途があります。

  • 狭い場所でのガサガサ用に。
  • 汲み置きしている水を足し水する時の、ゴミ取りフィルターとして。
  • 汲み置きしている水に湧いたボウフラの捕獲に。
  • グリーンウォーター容器の底掃除に。
  • 抱卵するメスの一時隔離・採卵場所として。

卵を採る場合は、黒いネットが分かりやすくて良いです。また黒い方が、メダカには見えにくい模様。

水温計

時々使います。
メダカは水温の変化には敏感らしいので、足し水する際はできるだけ近い水温の水を利用します。その際の計測に利用。

僕は使っているのは料理用ですが(笑)十分活躍してくれてます。

スポイト

夏場に活躍。
足し水用に汲み置きしているバケツにはどうしてもボウフラが発生するので、彼らを捕まえるのに便利です。

稚魚飼育のためのグリーンウォーター容器の底に溜まったゴミを取るためにも使える(こっちが本来の使用法?)。

ピンセット

アクアリウムの定番用品。
水生植物を植栽する時に使う、大型のピンセットです。
発生したアオミドロを除去するためにもよく使っています。指が入りにくい、細かい部分の掃除に便利。冬は水に手を入れなくて済みます。

バケツ

飼育容器の水は、季節を問わずに蒸発し減っていくので、足すための水を常時汲み置きしています。

採取してきた植物の一時置き場にも。

土入れスコップ

園芸用のスコップ。少量の水をすくい、他の容器に移す際に使います。
元々は園芸用でしたが、小型のプラスティックケースに水を入れる際に便利でした。

小型のお玉

稚魚を引越しする時、網で捕ると身体に負担がかかるため、お玉で水ごとすくって移します。

プラケース

メダカやヌマエビたちの、一時的な滞在場所に。
川や溝でガサガサして、生き物を捕まえる時の必需品です。容器を引越しする時の、水合わせにも活躍します。

稚魚の飼育にも使えますが、大きな容器のほうが難易度は下がります。

魚捕り網

メダカの飼育ではなく、その手前、川での捕獲(ガサガサ)における必需品です。
わりと雑に扱うので、丈夫なものが安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。