【メダカビオトープ】メダカは日光が大好き。紫外線で丈夫に育ちます

ビオトープ

屋外飼育しているメダカを眺めていると、日陰よりも日光の当たる場所を好んで泳いでいるのを目にします。
メダカたちは日光が大好きで、陽に当たることが健康のために重要になります。

紫外線が大事

屋外飼育のメダカは屋内飼育よりも丈夫で大きくなりやすい、という話があります。
屋内の水槽になくて、屋外にあるものといえば、日光。厳密に言えば、紫外線が大事になります。

日常生活では紫外線は嫌われもので、天気予報でも「本日の紫外線指数は○○で、帽子などの対策が必要でしょう」などと言われて当たらない方が良いもののようです。しかし健康に紫外線は不可欠な光です。

調べてみたところ、紫外線にはビタミンDを生成する効果があるらしく。ビタミンDは免疫作用を高めたり、さまざまな病気の予防に働いていて、丈夫な骨の生成にも効果があるようです。

太陽紫外線による健康のためのビタミンD生成と皮膚への有害性評価 —国内5地点におけるビタミンD生成・紅斑紫外線量準リアルタイム情報の提供開始—|広報活動|国立環境研究所
国立環境研究所では様々な環境研究に取り組んでいます。

そして病気の原因となる細菌類を減らしてくれる。
メダカがかかる病気は幾つかありますが、屋外飼育のメダカが病気らしいものにかかっている姿はあまり見かけません

メダカたちも本能から日光が健康に良いと知っているのでしょうし、なにより日なたぼっこが気持ちいいのでしょう。
僕たちも時々陽に当たるとホッとしますもんね。

楊貴妃メダカなどは、陽が当たることで色も良くなるみたいです。

日光で環境も向上する

日光はメダカの健康にとって有益なだけでなく、メダカを飼育している容器内の環境も向上してくれます

メダカを飼う容器に赤玉土を入れ、水生植物を植えておくと、濾過バクテリアが繁殖して有害な物質(アンモニアなど)を分解・吸収してくれますが、バクテリアにとっても植物にとっても日光は健康に良い。

同時期に立ち上げたふたつの睡蓮鉢でも、日光に当たる場所に置いた方は早く良い環境が出来上がり、メダカたちが元気な一方、日陰の方は次々にメダカを死なせてしまいました。

ホームビオトープを作る場合、適度に陽の当たる場所を選んで設置することが大事です。

陽の当たりすぎも困る

日光がメダカの健康に良いからといって、当たりすぎる場所も問題が出てきます。
夏場の直射日光は水温を危険なレベル(30℃台後半)まで上げてしまいますし、厄介なアオミドロを大繁殖させます

午前中は日光が当たるけれど、午後は日陰になるような場所があれば最適です。
建物の南側よりも、東側がよい。

一日中、直射日光が当たるような場所は、いくら陽差しが好きなメダカにとっても過多です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました