【メダカビオトープ】卵を採取して、グリーンウォーター(未完成)へ

産卵シーズンに入ったメダカたちの卵を採取し、人為的に稚魚育成用の飼育容器へと移します。稚魚を育てるのは、成功率の高くなるグリーンウォーターです。

卵を採取する

わが家のミニビオトープでは、メダカたちは水中の植物に卵を産み付けます。

自作の産卵床も浮かべているのですが、人気はやはり、天然のウィローモス(水生コケ)。時々モスを探ってみると、卵を見付けられます。
産卵床は毎日チェックしますが、こちらに卵が付いているのは稀です。

上の写真は、ウイローモスに付いていた卵を採って、産卵床に付けて撮影したものです。2つ写っているのが分かりますでしょうか。
上側の卵はすでに目が現れていて、撮影中にくるくると動いていました(急いで撮って、水へ!)。

ウィローモスに付いている

参考までに、メダカが卵を産み付けるのは次のような場所です。

水際のウィローモスが生えているところ
浅瀬部分にもありますし、土手と石の間にもよく付いてます。ここに写っていないウィローモスも人気ですね。

浅瀬部分の拡大写真。

土手と石の隙間。
産み付けスポットはたくさん用意してます。

下の写真は、5月上旬のメイン飼育容器の様子です。
暮らしているメダカたちは、20匹ほど。

グリーンウォーター作成中

今年はメダカから卵を強制的に採取することなく、自然繁殖だけでどれだけ増えるか試してみようと思っていました。

でもウィローモスの卵を見付けたら、つい、人為的に稚魚を育てたくもなり(苦笑)。全部は採らず、一部だけ別の飼育容器へと移すことにしました。

稚魚用の飼育容器には、グリーンウォーターを使います。

【メダカビオトープ】メダカの赤ちゃん用にグリーンウォーターを作る

現在、準備中なのですが、セットして1週間が経過した今も、水は緑になる様子がなく透明なまま・・・ そろそろグリーンになり始めてもらわないと、卵が孵化してきますので焦ってます。

ド透明。
内側の白い容器は100均で買ってきたもので、外側の青いのはホームセンターの頑丈な工具用です。

すでに10個くらいの卵が入っているのですが、孵化にグリーンウォーターが間に合っていない場合は、人工飼料をすり潰して与えます。

通常は2週間ほどで緑になるので、もう少しでしょうか。がんばれ、植物プランクトン!

【メダカビオトープ】4月、水温27℃、メダカの繁殖活動はじまる!

水温が25℃を上回ってくると、メダカたちの繁殖活動が活発になっていきます。
4月中旬にもなると、日中の水温はすでに25℃を余裕で超えてくる。屋外飼育のメスメダカたちは、おなかに卵を抱え始めているでしょう。

人の手を加えて繁殖させていく場合は、グリーンウォーターなどの準備を進めていきましょう。

産卵床を入れよう

うちの大型睡蓮鉢は家屋の南側に設置してあり、日中の日当たりがとても良いため、好天時は4月でも水温が27℃になります。

こうなってくると、もうメダカたちが産卵ををするには十分。複数のメスたちがおなかに卵をぶら下げて泳いでいます。

産卵床となる水草やグッズを浮かべておけば、卵を付けてくれるかもしれません。

自然繁殖に挑戦

僕は、この大型睡蓮鉢では人為的な採卵はせず、自然な形での繁殖に期待しています。
上手く行くかどうかは分かりませんが、ひとまずはそのままで放置して様子見です。

産卵床になればいいな、と考え、土手の水際は浅瀬にしてコケを植えてあります。

それがメダカたちに気に入ってもらえたのか、観察をしていると卵を抱えたメスたちがやって来ては、コケにお腹をこすりつけて卵を付けようとしているので、心の中でガッツポーズです^^

どこか良い場所はないかしら、と探して・・・

ぶるぶるぶる・・・とお腹をコケにこすりつけていました。水面にできた水紋が分かるでしょうか。

まだ、卵や稚魚を隠してくれる植物が少ないので、最初の頃に生まれる赤ちゃんメダカたちは成魚に食べられてしまうでしょう。

それでももっと水草が茂ってくれば、隠れ場所も増え、生き残っていく赤ちゃんメダカは増えていくと期待します。ガンバレ!

人為的に増やすなら、グリーンウォーター

人為的にメダカを増やしていく場合には、稚魚を育てる用の場所が必要になります。生育に適したグリーンウォーターを作っていきましょう。

【メダカビオトープ】順調に育っていった稚魚が突然減っていった件

メダカの稚魚の飼育で、特に難易度が高く注意が必要なのは、生後2週間といわれます。

生まれたばかりのメダカの赤ちゃんはまだ1mmに満たないほどの大きさで、自分の口よりも大きなものは食べられない。

数mmの大きさとなり人工飼料を与えやすくなる生後2週間ほどまで、いかに育てられるかが、メダカを繁殖させるうえでの重要ポイントです。

稚魚の数が減る

餌となる植物プランクトンが豊富なグリーンウォーターで育ち、順調だった針子たちが、1ヶ月ほどしてから数を減らしている事案が発生しました。

網を適当に入れれば数匹入ってきたくらいに居たのが、急に、明らかに数を減らしたのです。
最終的には10匹ほどになりました。

何故だ?
考えられるのは次のようなことです。

  • 餓死
  • 水質の悪化
  • 水温・水質の急な変化
  • ボウフラなどに捕食された
  • 成長度合いの違いによる淘汰

餓死…?

産まれたばかりのメダカは小さく、人工飼料の場合は小さくすり潰さないと口に入らない。注意が必要です。

しかしグリーンウォーターは、植物プランクトンのおかげで稚魚は食べ物に困らない環境。ましてや1ヶ月は経過し、成魚の餌も食べられるサイズ。
餓死は考えにくいです。

水質の悪化…?

稚魚の餓死を避けるために餌を与えすぎてしまうと、そしてその餌が大きすぎると特に、今度は食べ残しが発生して水質が悪化します。

うちの場合、グリーンウォーターでの飼育に加えて、早く大きくなった稚魚用に餌もやっていました。
でも量はそうは多くなかったはず。

実験的に小型ホテイアオイも2つ3つ浮かべていたので、富栄養化による水質悪化も考えにくそうです。

水温・水質の急な変化…?

これはあり得そう。
グリーンウォーター化は進みすぎるのも好ましくないということで、目安とされる緑茶くらいの色となるよう、時々水を部分入れ換えました。

近くにある別の飼育容器の水を足していたのですが、水温や水質の変化が稚魚にとってストレスになったのかもしれません。

また、足し水をする際の入れ方が雑すぎ、強い水流ができてストレスになった可能性もあります。

ボウフラなどに捕食された…?

グリーンウォーターは緑色につき、少しでも深い場所は視認できない。捕食者となるボウフラやヤゴが潜んでいても、まるで見えません

グリーンウォーターの底にヤゴがいた、との報告はしばしば目にします。

もちろんこの可能性を考慮し、網で時々底を探っていたのですが、一度もボウフラなどが入ったことはありませんでした。
別容器に水ごと移したときも、発見していません。

成長度合いの違いによる淘汰…?

メダカに限らないでしょうが、同じ環境で飼っているにもかかわらず、稚魚の成長スピードには個体差が出ます

強い子が早く大きくなり、その子ばかりが大きくなる印象。
早く大きくなった稚魚が、小さな稚魚を追っかけている様子はよく見かけますし、これが小さい子にはストレス要因になります。そりゃそうですよね。

サイズの異なる稚魚たちを混泳させていたことで、小さい子たちがストレス死してしまったかもしれません。
稚魚飼育を始めてすぐではなく、1ヶ月後に数が減っていった理由にもなりそうに思います。

以上、思い当たる問題点でした。
来年は
水質の変化がしにくい大きめの容器で
サイズが大きい稚魚を順次引っ越しさせる
ことを試してみようと思います。

【メダカビオトープ】メダカの繁殖について。稚魚を育てるのは注意が必要

メダカの繁殖をする場合、卵を採るところまではそう苦労せずに行うことができます。

【メダカビオトープ】メダカの繁殖について。卵を採るのは難しくない

僕が失敗したと思ったのは、産まれた稚魚をあまり大人メダカに育てられなかったことです。メダカは丈夫で飼いやすい魚とはいえ、稚魚はまだ弱いのでたくさん死なせてしまった…

メダカの稚魚の生存率を上げるには、注意が必要になります。

稚魚を育てる容器

メスが卵を産み始めたら、稚魚用の容器を準備します。同じ容器のままだと、親メダカが卵や稚魚を食べてしまうからです。

別に用意する容器は、なんでもいいです。
プラスティックケース、発泡スチロール、バケツ、米びつ、トロ舟、睡蓮鉢 etc.
できれば、表面積が広くて、あまり深くないもの
その方が水中に酸素が多く溶け込みます。

ただし飼育難易度においては、小さいよりも大きな容器のほうが、水質の変化が少なく密集ストレスも軽減されることで育てやすくなります。

卵の孵化には光が大切なので、太陽光が当たる場所が良いでしょう。稚魚の成長スピードも、日光があるほうが早くなります。
ただし夏の直射日光は水温が上がりすぎるので避けたいところ。水温が30℃以上になると、卵は孵らないそうです。

卵から孵化するまでの時間は、水温と関係があります。一般的によく言われているのが、25℃だと10日で孵化するというもの。

そう気にせずとも、卵は待っていれば自然に孵っていきます。孵化まではそう難しくありません

「針子」の餌問題

難しくなるのは、生まれて間もないメダカを死なせずに育てていくこと。赤ちゃんはまだ体力がないので、ちょっとした環境の変化にも弱いからです。

生まれたてのメダカの稚魚は「針子」と呼ばれます。
体長1mmにも満たず、本当に小さくてかわいい。

生まれたばかりの針子は、おなかに栄養の詰まった袋がついていて、まずはこの栄養を頼りに最初の2-3日を生きていきます。
この間の針子は餌を食べません
水温の変化などに注意しながら、見守る時です。

問題は生後3日目以降、この栄養袋を使い切ってから。

生きていくためには餌を食べなければなりませんが、なにせ針子は小さいので、口も小さい。食べられるものが限られてしまいます
ここで針子が食べられるものを与えられるかどうかが、まさに飼育の生命線です。

ベビー用飼料

人工飼料を与える場合、成魚用は大きすぎるので、そのままでは食べられません。食べようと突っついてはいますが、口に入らない餌にメダカは固執しない。さっと別のを探しに行き、残った餌は沈んで有害化します。

針子が食べられるようにするには細かくすり潰す必要がある。すり鉢、もしくは指を使って粉末にしましょう

稚魚用として売られている餌も、針子にはまだ大きいかな、と思います。
下の写真では、右の赤っぽいのがベビー用として売られている餌、左の茶色いのが成魚用を指で軽くすり潰したものです。
指で潰した方が、より細かい粉末になってます。針子の時期は、ベビー用でもさらに潰すのがいいです。

また、餌を与えすぎてしまうと、底に沈んで水質を悪化させ、稚魚の死亡要因になるので要注意。沈まないタイプの餌を、少しずつ与えましょう。

グリーンウォーターで育てる

メダカを飼育するのに向いている水、それが「グリーンウォーター」です。

なんのことはない、植物プランクトンが大量に発生したことで緑になっている水のことですが、植物プランクトンを食べるメダカの稚魚(特に針子)にとってはとてもよい環境になります。

食べ物だらけの水の中で暮らしているのですから、人工飼料を食べられないサイズの針子でも大丈夫なんです。

人工飼料のように、食べ残しが出て水質を悪化させることもありません。

【メダカビオトープ】メダカの赤ちゃん用にグリーンウォーターを作る

実際、このグリーンウォーターで飼育してみたところ、針子たちは特に餌を与えずとも元気そうに育っていきました。

どうも稚魚が育たないな、という場合はグリーンウォーターを取り入れてみると成功するかもしれません。

【メダカビオトープ】メダカの繁殖について。卵を採るのは難しくない

メダカを買い始めた当初はあまり興味なかったのですが、気がつくと熱中していたのが繁殖です。

なにせ、数ミリの赤ちゃんメダカがかわいい。
メダカはよく増えると聞いていましたし、自分もやってみようと思い、取り組みました。

繁殖のため第一段階、それは採卵です。
メダカの卵を採る、そこまではそう難しい作業ではありません。

メダカはよく卵を産む

飼っているメダカにオスとメス数匹がいれば、確実に卵を産みます
産卵のための条件は、18℃以上の水温と12時間以上の日照だそうです。屋外飼育であれば、初夏から秋は毎日、何匹かのメスがおなかに卵を付けて泳いでいます。

その姿を見るのが嬉しく、夏は毎朝、卵を付けたメスを探しては卵を採っていました。

卵を採るのは、その方が稚魚が増えるからです。
逆に、採らなければあまり増えない。親魚たちが食べてしまうんですよね…。

メダカは卵や稚魚を食べる

メダカは雑食なので、口に入るものはとりあえず食べてしまいます。

自分たちの産んだ卵であれ、そこから孵化した稚魚であれ、お構いなしです。特に狙われるのは、卵。

動き回る稚魚への執着はそうないように見えますが、親たちと同じ容器で運良く孵化した針子(赤ちゃんメダカ)をじーっと見てると、口へ入れようと次から次へと襲いかかっています(汗)。
それをすばやい動きでかわす針子たち。食べられない大きさ(1cmほど)になるまでは、サバイバルの日々です。

隠れ場所が豊富にある大きな容器でないかぎり、ほとんどの卵や稚魚が食べられてしまう

たくさん増やしたいと思えば、卵を別の容器に移しましょう。

卵を採る方法

本やネットで調べると、メダカの産卵床となる浮き草(ホテイアオイが代表的)を容器に入れ、毎日その根を点検すれば卵が付いている、と説明があります。
マツモなどの茂みでも良いようです。

でもウチではこれが上手くいかなかった。
ホテイアオイやトチカガミに付いた卵は1つも発見しませんでした。

僕がやったのは母メダカを網で捕まえ、そこに産卵床を投入、しばらく一緒に網の中に入れておき、卵を回収するというやり方です。

やってるうちにメスに警戒されるようになり、捕まえるのが難しくなったような(汗)。捕獲対象でないオスたちは、網も気にせず泳いでました。

卵を別容器に入れる

メダカの卵は直径約1.5mm、透明です。
手触りはこりこりしていて、指で触ったくらいでは潰れない。ただし孵化が近づくと膜が柔らかくなるため、潰れやすくなるみたいです。

卵同士は、卵を水草に引っかけやすくするための糸によってつながっています。
この糸にカビが発生する恐れがあるらしいので、稚魚用容器に入れる際には外していく。稚魚が産まれない無精卵にもカビが生えたりするので、バラしておくことで、もし卵の1つに水カビが生えても他の卵に移らずに済みます。

卵塊をバラバラにするのは簡単で、指で優しく転がせばOKです。

その卵を容器に沈めていく。
あとは10日~2週間ほどすれば、赤ちゃんメダカが誕生します。

自然繁殖に挑戦したい

メダカの卵を親たちと別容器に移すのは、卵や稚魚が親メダカに食べられないようにして生存確率を上げるためです。

でも野生のメダカたちには卵や稚魚が隠れる場所が豊富にあるので、わざわざ隔離しなくても増えていく。
これを再現したいんですよね。

2018年夏はトロ船でメダカを飼育していたのですが、秋から大型睡蓮鉢を導入した我がメダカビオトープ。
面積が増え、物陰や水生植物も増やしているので、自然繁殖が可能になるのではないかと期待しています。