メダカ

ビオトープ

【メダカビオトープ】メダカの飼育水を用意する:「カルキ抜き」の方法

メダカを飼うことになり、飼育容器を準備したら、次は水です。日本では水道水が利用可能。ただし水道水には殺菌のための塩素が含まれていて、これがメダカなど小動物には有害なので、取り除かねばなりません。いわゆる「カルキ抜き」です。
ビオトープ

メダカの屋外飼育:底土の選び方

メダカの屋外飼育をするとき、おすすめは底土を入れることです。睡蓮鉢に水を張っただけでも大丈夫ですが、底土を入れることで濾過バクテリアが増え...
ビオトープ

【メダカビオトープ】スドーのメダカ用産卵床2種、シュロとヒカゲノカズラの使用感

5月に入り立夏を過ぎると、メダカたちの産卵シーズン真っ盛りです。産卵床をチェックすると毎日たくさんの卵が確認できて、一番楽しい時期じゃないでしょうか。先日ショップで天然素材を利用した産卵床を2種類見かけたので、後々の参考にしようと購入してみました。 スドーの「メダカの浮く産卵藻」と「メダカの棕櫚産卵床」です。
ビオトープ

【メダカビオトープ】稚魚たちが隔離せずとも増えるよう、隠れ家を作ってみた

メダカの屋外飼育をしていて、成功させたいのが稚魚を隔離せずとも自然に数を増やしてくれる環境作りです。 そのためには稚魚が親メダカによって捕食されにくい、稚魚が隠れられる場所を作る必要がある。ということで、ほんのわずかですがレイアウトをいじってみました。
ビオトープ

【メダカビオトープ】冬の間に積もった落ち葉を掃除2020、その2

冬、メダカを刺激しないようにそっとしていた睡蓮鉢などの飼育容器。4月に入り、メダカたちが活発になると、掃除をしても大丈夫です。水槽用のピンセットで冬の間に積もった枯れ葉やアオミドロを取り除いていきます。
ビオトープ

【メダカビオトープ】冬の間に積もった落ち葉を掃除2020

春分の日を過ぎ、4月も半ばとなると、メダカたちはもう普通に飼育容器を泳ぎ回っています。水生植物たちも少しずつ新しい芽を伸ばしている。冬の間に飼育容器内に積もった落ち葉などを掃除し、本格的なメダカシーズン始動に備えていきます。
ビオトープ

【メダカビオトープ】チャームオリジナルの角型タライが良い。冬越しにも良さそう

2019年のメダカ飼育用品で、買ってみて良かったと思ったのは、チャームさんオリジナルの『角型タライ 60型 黒』です。
ビオトープ

【メダカビオトープ】知っておきたいメダカのライフサイクル

メダカを飼育するうえで知っておくと役立つライフサイクルと、月別の飼育ポイントをまとめました。いずれも屋外飼育について書いています。
ビオトープ

【メダカビオトープ】季節別のエサの与え方

メダカは変温動物なので、活動量は水温に大きく影響されます。屋外飼育の場合は気温で水温が上下しますから、季節によって、また同じ日でも天気や時間帯によってメダカたちの食べっぷりも異なり、エサの与え方も対応させる必要があります。
ビオトープ

【メダカビオトープ】飼育のポイント、メダカにとって良い水とは

人間が健康に生活する上で清浄な空気が重要であるのと同じように、メダカが健康に暮らすためにも水は重要です。ではどんな水が良いのか・・・濾過バクテリアがいて、排泄物などを分解してくれる水が魚たちにとって良い水になります。
タイトルとURLをコピーしました