【メダカビオトープ】春到来!メダカ飼育容器の掃除は慎重に

水温が15℃を上回ってくると、屋外飼育しているメダカの活動が活発になってきます。日差しが暖かい日などは、気持ちよさそうに日光浴をしている。エサもぱくぱく食べますね!

でもほとんどエサを食べずに長い冬を越してきたメダカは明らかに痩せていますし、体力も当然ながら落ちています。
冬の間に放置していた飼育容器を掃除する場合は、メダカたちを気遣いながら行いましょう。

掃除は少しで好い

水温が下がる冬の間、メダカは極力活動を行わないことで体力を温存し、じっと春の到来を待っています。飼育者としても、彼らを刺激して体力を使わせないためにじっと我慢の日々。落ち葉などもそのままです。

そして春になり(3月下旬)、水底に溜まった落ち葉や繁殖したアオミドロを取り除いたり、なんなら睡蓮鉢の掃除などもするかもしれませんが・・・

この時に大規模な掃除をし過ぎてはいけません
冬を越えたメダカは痩せていて体力を落としているので、環境(水質・水温)を急激に変えると死んでしまうかもしれないからです。

特に水換えには注意が要ります
容器がコケなどで汚れているといって、水を大半抜き、底土を洗い、ごしごしとタワシでこすったりしてしまうとメダカたちにとっては酷すぎる環境になる。

メダカ飼育の命ともいえるバクテリアが、いなくなってしまうからです。

水を入れ換える場合は1/3くらいまでにして、入れる水も数日前からバケツなどに汲み置きしておいたものを使いましょう。

そもそも掃除不要なので

うちの場合は、赤玉土と水生植物たちが良好な環境を維持してくれているようで、水換えのようなメンテナンスは必要ありません。

アオミドロは発生してましたが、水を埋め尽くすほどではないし、容器壁面のコケもない。水底のゴミも沈殿してません。

水底に沈んでいた数枚の落ち葉を取り(タニシが食べたか、葉脈だけのスケルトンになっていてキレイ)、ピンセットでアオミドロを除去して終了です。

水の透明度が少し低くなってますが、バクテリアたちが活性化することで澄んでくるでしょう。

春は睡蓮鉢のレイアウトを変えたり、新しい水草を植えたりするのに良い季節。今季はこんなふうにしてみよう、と冬の間に温めていたアイディアを実行していくのは楽しいですよね。

【メダカビオトープ】冬はすることがないので、来季の構想を練る日々

エサもいきなり与えすぎない

うちのメダカたちは人懐っこいというか、メンテナンスをしていても逃げないですし、むしろエサをちょうだいよと寄ってきます(^^)

かわいいのでつい多めに与えたくなってしまう・・・
でもまだ夜は水温が下がりますし、消化不良を起こしてもマズい。もっと暖かくなるまで、もう少し我慢しましょう。

5月に入ると産卵を始めますので、その準備のために少しずつ回数を多くエサを与えて太らせていくといいです。

最後に、下の写真は4月初旬のメダカビオトープの様子です。土手部分の緑から、だいぶエネルギーを感じられるようになってきました。

名前不明の草が、元気に若い芽を直立させてます!ここからどれだけ生い茂るのか・・・ 怖いような楽しみなような。

 

【メダカビオトープ】稚魚の越冬用グリーンウォーター、茶色くなる!

晩夏に産まれたメダカの稚魚は、十分な成長が間に合わず冬を迎えることになります。

水温が下がるとメダカは活動が低下し、エサを食べずにじっと春を待つのですが、体力がなければそこで力尽きてしまう。
稚魚の多くは体力が備わってないので、通常は春まで生き残れないわけです。

そこで稚魚たちが冬も栄養を取れるように、エサとなる植物プランクトン(藍藻類)が大量発生した水で越冬させるのですが・・・

【メダカビオトープ】稚魚の冬越しをグリーンウォーターで挑戦する

初の試みとなった2018/19 冬は残念ながら失敗に終わってしまいました(涙)。

開始したときは10匹ほどいた稚魚たちのうち、3月まで生存できたのはわずか3匹。これは少ない。

翌年以降、同じ失敗を繰り返さないように原因を調べておく必要があります。

黄色くなった緑水

2018/19 冬の失敗点は主に2つです。

  • 稚魚をサイズ分けしなかった
  • グリーンウォーターが黄色く(茶色く)なってしまった

稚魚のサイズ分けについては、別ページで書いてありますので、よければそちらを見てください。

【メダカビオトープ】順調に育っていった稚魚が突然減っていった件

ではグリーンウォーターが黄色くなった原因は何か。

黄色くなった水にいるのは、藻類のなかでも「珪藻(けいそう)」という黄褐色のグループだそうです。
グリーンウォーターを作る「緑藻類」がなんらかの理由でいなくなり、「珪藻類」がぐんと増えて黄色くなる

何故、緑藻類たちがいなくなってしまったかですよね。

富栄養化?日光不足?

調べてみると、グリーンウォーターが黄色くなるのはさほど珍しくない現象のようです。小さな飼育容器なので、生態系のバランスが崩れることは往々にしてあると。

そしてグリーンウォーターが黄色、もしくは茶色に変色するのは、バクテリアによる濾過が上手くいっておらず、水が富栄養化してしまっているからだとか。

富栄養化・・・ アクアリウム界隈でよく目にする言葉ですね。窒素などが水中に大量に余ってしまっている状態です。

もしくは、日光が不足している

結局、対策が分からない(涙)

このうち、バクテリアに関しては最初からアテになりません。だってグリーンウォーターにするために、赤玉土などのバクテリアの住み家になるものは入れてませんから。

バクテリアなしでも富栄養化しにくいのがグリーンウォーター。

排泄物の栄養吸収は、植物プランクトンたちが担っていた。彼らがいなくなったからこそ、排泄物がそのまま残り、水質が悪化してしまったのではないか。

富栄養化を防ごうとして水草を入れると、グリーンウォーターになりませんし。そもそも冬は寒くて水草は枯れますし。
実験で入れっぱなしにしていたホテイアオイ、これが原因?

日光に関しては、これ以上はないと言うくらいに窓際に置いていたので、さらに当てるのは困難・・・。

どうしたらいいんでしょうね(苦笑)

減った分を足すだけにとどめて水換えをしなかった水を、少しずつ換えていくべきだったかのでしょうか。

すみません、結論に至らずです。
これかも、と思い当たる節があれば、教えてください。

生存した稚魚は元気

こんな黄色くなってしまったグリーンウォーターでも、わずかに生き残った稚魚たちはふつうに暮らしています。その頑張りに拍手したい。

彼らには是非とも長く元気に生きてほしいですし、これから少しずつ水換えをして、大人たちのいる別の飼育容器に引越しさせていく予定です。

まずはスポイトで底に溜まっている排泄物を取り除き、減った水を足しました。

【メダカビオトープ】3月なのにボウフラ!?

3月になって暖かくなってきたある日。
去年の夏に田んぼの土を入れ、稲を育てていたペットボトルを覗いてみると、なにやらうごめく者たちがいるじゃないですか。

その動き方、形、これはボウフラ・・・。

土にスポイトを付けて吸ってみると、眠っていたであろうボウフラたちがわんさか捕れました。

ヒトスジシマカは卵で越冬する

5月頃から見かける蚊。まだ3月の上旬だというのに、ボウフラが存在するのか?

どうやら、身体に縞模様のあるヒトスジシマカは寒さに弱く、成虫のまま越冬することはできないそうです。

彼らは卵を水際に植え付け、その卵が越冬する。そして暖かくなると孵化。

昼間は水温が20℃を超えているのですから、活動を開始していても不思議はないです。
冬だからと言って油断せず、溜まりっぱなしの水には注意しないといけませんね。蚊の卵は乾燥に強いみたいですけれど・・・

早春の生き餌祭り

捕まえたボウフラたちは、さっそくメダカの睡蓮鉢へとお引っ越しです。

冬の間、植物プランクトンばかり食べていたメダカたちにとっては、生き餌のボウフラは良い栄養になったでしょう。

ぱくぱくと食いついていました。
人は残酷なものなり。

【メダカビオトープ】春近し、水温23℃!繁殖していたアオミドロを取り除く

3月に入ったあたりから、晴れの日はけっこう暖かくなりました。風はまだ冷たいですが、水温は上がっているので、メダカたちは活発に動き始めています。

天気の良い日に、日当たりの良い飼育容器の水温を測ってみると、なんともう23℃!
日陰の睡蓮鉢も17℃を超えていました。

メダカは15℃を超えると動きが活発になり、エサも食べるようになります。産卵の準備も始まる。いよいよです。

ピンセットでアオミドロを取る

水温が17℃を超え、メダカたちの活動が活発になってきたので、冬の間はそっとしておいた飼育容器の掃除を行いました。

こちらの睡蓮鉢では、冬の冷たい水にも負けずに繁殖したアオミドロが勢力を拡大していました。
メダカたちも、身体が引っかかって泳ぎづらそう。

温かくなったとはいっても、水温17℃はまだ冷たい。アクアリウム用のピンセットを使い、アオミドロを丁寧に取り除いていきます。沈んでいたモミジの葉っぱも一緒に。

けっこう取れました。
この大型のピンセットは便利でよく使うので、飼育道具としてオススメします。

アオミドロがなくなったことで、すっきりしました。
水底で芽を出しているのは、ナガバオモダカ。
この草は繁殖力が旺盛ですので、夏にはいったいどのくらいまで生い茂るでしょうか。稚魚の隠れ家になってくれると期待します。
コウホネも芽を出していました。

下の写真は、水底に沈んでいたトチカガミの越冬用殖芽です。
少し発芽してますね。

緑が増してきた

一方、大型睡蓮鉢の方も春らしく雑草たち(笑)が芽を伸ばしてきました。
こちらは80cm×80cmあり、向かって左角に植物を植えるための土手を作ってあります。

草はこれからどんどん増えてくるだろうから、どの程度を残すか思案のしどころ。ハイゴケでしょうか、コケも元気になってます。

立ち上げから2年目を迎えるこの大型睡蓮鉢が、どう自然変化していくのか、楽しみです♪

【メダカビオトープ】2018年12月中旬のビオトープの様子

2018年は大型睡蓮鉢でのメダカビオトープに初挑戦した1年でした。

きっかけは YouTube で Aquacat さんの動画を見たこと。これまでに見たことのない、自然の輝きに満ちたメダカ飼育に感銘を受け、自分もやってみることにしたのでした。

そして夏、秋を終え、現在は冬。
メダカたちの冬越しはまずまず順調な様子なので、うちのメダカビオトープの様子を紹介してみます。

 

12月中旬の大型睡蓮鉢の様子です。
茂っていた植物たちの多くは枯れ、殺風景になりました。水面を覆っていたデンジソウはいなくなり、根っこが春を待っています。トチカガミもそう。

それでもまだ緑をもたらしてくれる植物も幾つかありますね。

水辺のコケたち。
近所の溝から採取してきたコケたちのうち、ビオトープ環境に適応したものたちが残りました。小さな草の芽も出ていますね。

こちらは大きめの川の堤に張り付いていたモスを採ってきて、試しに石に貼ってみたものです。
初秋に半分枯れていたものをもらってきたのですが、水分を得て復活。定着しているので、また採取して増やしたいと思います。

メダカ元気

小春日和でぽかぽか陽気だったこともあり、メダカたちはすこぶる元気そうに泳ぎ回っていました。

あまりに寄ってくるので、誘惑に負けて(?)つい少量だけ餌やり。がっついて食べてました。

じっとしているメダカたちは、体力温存の邪魔をしないようにするのですが、泳ぎ回っているのなら大丈夫だろうとアオミドロ掃除^^。

曇っている日はもう少し大人しい感じです。
1月・2月になって水温が5℃を下回るようになると、もうただじっとしているのでしょう。

タニシ・ヌマエビ

メダカと一緒に暮らしているタニシとヌマエビたち。
タニシは水温が下がると土に潜ってしまうらしく、2~3匹しか見かけませんでした。
ヌマエビは生命維持のためには動き続ける宿命ということで、ところどころで発見。小エビたちはモスのなかで潜んでいるのかもしれません。

以上、12月中旬ですが、わりと暖かい日だったのでメダカたちは活発に動いていました。

【メダカビオトープ】初の越冬を成功させるために注意したこと

屋外飼育されているメダカにとって、試練になるのは冬越しです。

こぢんまりとした睡蓮鉢での冬越しはこれまでにも経験あるのですが、大型容器で冬に臨むのは今回が初めて。

無事メダカたちに冬を越してもらうために注意したことが3つあるので、紹介していきます。
ポイントは
メダカたちに体力をつけてあること
メダカたちの体力を消耗させないこと
です。

変温動物である魚、メダカたちは

体力をつけてあること、体力を消耗させないことが、冬を乗り切るための重要ポイントです。

メダカの活動量は水温で変化する

メダカは魚類、水温によって体温が変化する変温動物です。水温が下がると活動が減り、冬眠状態になっていく。

冬眠とは言っても本当に眠っているわけではなく、水底でじっとして体力の低下を防ぎ、春の到来を待っている状態ですが、大事なのは「活動が低下する」ことです。

メダカの活動に適した水温は、18℃~28℃です。
水温が10℃以下になると餌をほとんど食べなくなります。食べたとしても消化機能が低下しているので、餌を与えるのは控えた方が良いです。

水温が10℃を切ると餌は控える

うちは兵庫県南部にあるので、12月中旬でも天気の良い日の昼間は水温が14℃にまで上がります。

14℃なので元気に水面近くを泳いでいるメダカたち。餌を期待してか、わらわらと寄ってきます。かわいくて、つい少量ながら餌を与えてしまいました(汗)。

冬の餌は、少量でも控える方が無難です。
水温が下がってからの消化不良や、食べ残しによる水質悪化で体調を崩す方が怖いからです。

水質を維持するカギとなる、バクテリアと植物。
水温が下がるとバクテリアの活動も低下していますから、食べ残しの分解力も落ちています。植物も活動を休んでいる。
給餌は水質悪化の原因となります。

もしメダカがなにか食べたくなったら、容器内に残っているコケなどを食べて凌いでくれるでしょう。

冬を越す体力をつけるために、秋にたっぷり餌を与えてきました。乗り切る体力は付いていると信じて見守っていきます。

水温が5℃以下になると、メダカは水底で動かない冬眠状態に入ります。
日当たりの悪い睡蓮鉢のメダカは、昼間でも動かず体力を温存して頑張っています。

刺激をしない、水全体を凍らせない

野生のメダカは水温が下がると流れのない場所で身を潜め、ただじっとして春を待ちます。

じっとして体力の消費を防ぐ。
じっとすることが重要なので、メダカたちの冬眠を邪魔しないようにしましょう。

冬の水換えは行わず、減った水を静かに足すだけに止めておく。体力の落ちたメダカに刺激を与えない、これが大事です。
水底でじっとしているメダカを「生きてるか~」と動かしちゃ、ダメ。
メダカが落ち着けるように、水草や石、流木があると良いですよね。

メダカは水温が1℃でも生きていける、強い魚です。
冬になって水面が凍り付いても、水底でじっと堪え忍びます。

しかし水底まで凍り付いてしまっては、氷の中ではメダカもさすがに生きられない。
飼育水全体が凍り付かないような水量を用意しておきましょう。

冬越しのポイントは
メダカたちの体力を消耗させない(刺激を与えない)
飼育水全体を凍らせない

飼育容器が全て凍ってしまう地方では、室内飼育に移します。

稚魚の冬越し

メダカの冬越しは体力勝負ですので、十分な体力が付いていない稚魚の場合は越冬の難易度は上がります

水温が下がるまでに、どれだけ成長したのかがポイント。

9月以降に生まれて、まだ1cmに満たない稚魚では屋外の冬越しは難しいので、屋内に移すのが無難です。

僕は秋までにグリーンウォーターの容器を作り、それを室内に入れて冬越しをさせています。今のところ、順調な様子… と思う。

【メダカビオトープ】稚魚の冬越しをグリーンウォーターで挑戦する