グリーンウォーター

ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーターは変化する。黄色から緑になった件

メダカの稚魚を育てるのに非常に適している、グリーンウォーター。文字どおり、グリーン(緑、青)の水ですが、必ずしも緑にはならないし、また色は環境などによって変化するという話です。
ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーターが緑ではなく黄色になった

メダカの稚魚用にグリーンウォーターを作ろうとしたら、緑ではなく、黄色っぽくなってしまいました。 何故だ・・・。黄色になるのは珍しくないようですが。
ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーター5週目。毎日生まれる針子に、過密状態

5月はメダカたちの産卵シーズン。毎日採取していた卵から続々と稚魚たちが生まれ、飼育容器は赤ちゃんたちでいっぱいになってきました。うじゃうじゃ、といっていいくらいです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーター4週間目。稚魚に体格差が出てきたので、新たな飼育容器に移す

メダカの稚魚を育てていると、どうしても稚魚の間で体格差が生じてきます。異なる体長の稚魚をずっと同じ容器で飼っていると問題が生じてくるので、大きくなった子たちのために新たなグリーンウォーター容器を準備していきます。
ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーター作成中。3週間経過で緑色増す

メダカの稚魚(以下、針子)をあまり死なせることなく育てたいなら、グリーンウォーターがおすすめです。水道水から始めた水は、3週間を経て、ようやく緑色が増してきました。
ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーター作成中。2週間経過し、少しずつ緑色に

メダカの稚魚をあまり死なせることなく育てたいなら、グリーンウォーター(GW)がおすすめです。ただ、GWを作るには時間がかかる。2週間が経過し、少し緑がかってきました。
ビオトープ

【メダカビオトープ】卵を採取して、グリーンウォーター(未完成)へ

産卵シーズンに入ったメダカたちの卵を採取し、人為的に稚魚育成用の飼育容器へと移します。稚魚を育てるのは、成功率の高くなるグリーンウォーターです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】黄色くなったグリーンウォーターから稚魚を引越し

冬に室内に入れていたグリーンウォーターが黄色く変化。春が訪れ屋外飼育が可能となったので、稚魚をトロ舟メダカビオトープへと引越しさせます。重要なのは水合わせです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】稚魚の越冬用グリーンウォーター、茶色くなる!

晩夏に産まれた稚魚メダカをグリーンウォーターで越冬させる試み。2018/19 冬はこれが上手くいきませんでした。緑の水が、黄色く変わってしまったのです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】稚魚の冬越しをグリーンウォーターで挑戦する

エサになる植物プランクトンが大量にいることで、メダカの冬越しにも向いているというグリーンウォーター。小さな稚魚たちはこれで越冬させようと思います。
タイトルとURLをコピーしました