【メダカビオトープ】グリーンウォーター作成中。2週間経過し、少しずつ緑色に

メダカの稚魚(以下、針子)をあまり死なせることなく育てたいなら、グリーンウォーターがおすすめです。

緑色の元である植物プランクトンが針子たちのエサになり、一番の死因である「餓死」を回避することができるからです。

針子は口が小さいので食べられるものが限られ、身体も小さいので小まめにエサを与えないと弱ってしまう。水自体が食べ物なら、飢えません。

作るのに時間がかかる

グリーンウォーターを作ることは難しくありません。
・手頃な容器に水を入れて、
・日当たりの良い場所に置き、
・そして水が緑になってくるのを待つ。

ただし、一から作るには2週間ほどの時間が必要になるので、「赤ちゃんが生まれた!緑水はやく!」と焦る前に準備をしておく必要があります。

上の写真はゴールデンウィーク(GW)にグリーンウォーター(GW)作成を始めてから1週間ほど経過した容器ですが、まだまだ透明。
中にはすでに採取した卵が数個入っていて、このままだと間に合わない、と焦っています。

そしてこちらが、さらに6日間が経過した容器。
ようやく、少し緑がかってきました!

植物プランクトンのエネルギー源(硝酸塩など)を供給することで、ちょっとでも早くグリーンウォーターになるよう、別の睡蓮鉢(緑水ではない)から飼育水を少し足した効果があったか。

出来上がっているグリーンウォーターを種水にすれば、早く緑になっていきます。

卵はすでに孵化を始めていて、10匹ほどが生まれました。グリーンウォーターになっていないので、毎日数回、人工飼料を指ですり潰しては与えています。

針子のフンや、エサの食べ残しが植物プランクトンの食料となることで、グリーンウォーター化が促進されると期待。

まだ餓死している様子はなく、このままなんとか上手くいってほしいです。

 

【メダカビオトープ】卵を採取して、グリーンウォーター(未完成)へ

産卵シーズンに入ったメダカたちの卵を採取し、人為的に稚魚育成用の飼育容器へと移します。稚魚を育てるのは、成功率の高くなるグリーンウォーターです。

卵を採取する

わが家のミニビオトープでは、メダカたちは水中の植物に卵を産み付けます。

自作の産卵床も浮かべているのですが、人気はやはり、天然のウィローモス(水生コケ)。時々モスを探ってみると、卵を見付けられます。
産卵床は毎日チェックしますが、こちらに卵が付いているのは稀です。

上の写真は、ウイローモスに付いていた卵を採って、産卵床に付けて撮影したものです。2つ写っているのが分かりますでしょうか。
上側の卵はすでに目が現れていて、撮影中にくるくると動いていました(急いで撮って、水へ!)。

ウィローモスに付いている

参考までに、メダカが卵を産み付けるのは次のような場所です。

水際のウィローモスが生えているところ
浅瀬部分にもありますし、土手と石の間にもよく付いてます。ここに写っていないウィローモスも人気ですね。

浅瀬部分の拡大写真。

土手と石の隙間。
産み付けスポットはたくさん用意してます。

下の写真は、5月上旬のメイン飼育容器の様子です。
暮らしているメダカたちは、20匹ほど。

グリーンウォーター作成中

今年はメダカから卵を強制的に採取することなく、自然繁殖だけでどれだけ増えるか試してみようと思っていました。

でもウィローモスの卵を見付けたら、つい、人為的に稚魚を育てたくもなり(苦笑)。全部は採らず、一部だけ別の飼育容器へと移すことにしました。

稚魚用の飼育容器には、グリーンウォーターを使います。

【メダカビオトープ】メダカの赤ちゃん用にグリーンウォーターを作る

現在、準備中なのですが、セットして1週間が経過した今も、水は緑になる様子がなく透明なまま・・・ そろそろグリーンになり始めてもらわないと、卵が孵化してきますので焦ってます。

ド透明。
内側の白い容器は100均で買ってきたもので、外側の青いのはホームセンターの頑丈な工具用です。

すでに10個くらいの卵が入っているのですが、孵化にグリーンウォーターが間に合っていない場合は、人工飼料をすり潰して与えます。

通常は2週間ほどで緑になるので、もう少しでしょうか。がんばれ、植物プランクトン!

【メダカビオトープ】黄色くなったグリーンウォーターから稚魚を引越し

冬越しのために室内飼育していたメダカの稚魚たち。飼育、といっても発泡スチロール容器を室内の窓際に置いて放置していただけなのですが、元々グリーンウォーターだった飼育水が黄色く変化してしまいました。

この水・容器で飼い続けるメリットもないですし、春が訪れて屋外でも問題ない水温となってますので、屋外のトロ舟ビオトープへと引越しです。

水合わせ

メダカなどの魚を別の容器に移す際、気をつけねばならないのが水質の急激な変化です。

飼育水は容器によって異なっていますから、いきなり移動させるとショック状態となり、最悪の場合は命を落としてしまう。

上の写真は左が元の飼育水、右が引越し先の飼育水のpH(ペーハー)を検査薬で計ってみたものです。

左はやや青みがかっているので pH9~9.5あたりのアルカリ性、右は黄緑なのでpH7~8あたりの中性~弱アルカリ性くらいになってます(分かりにくい写真で申し訳ない)。

緑の水に比べると、黄色の水はアルカリ度が弱かったです。とはいえ、pHが1.5~2ほど違う。手間はかかりますが、新たな環境の水に慣らしていく必要があります。

水を足し、待つ。の繰り返し

ということで、引越し方法ですが。
元の飼育水に引越し先の水を足し、しばらく待ってはまた足すことの繰り返しです。こうすることで、メダカは少しずつ新しい水に馴染んでいきます。

プラケースなどに元の飼育水を半分ほど入れ、そこに稚魚も入れます。この時、網よりもカップなどを使って捕まえるほうが魚への負担が少なく済みます。

次は稚魚の入ったプラケースを、引越し先の容器内に入れる。まずは水温を合わせておきましょう。

30分~1時間ほど放置したら、水を足していきます。いきなり多くは足さず、3分の1ほどにします。そして再び、30分ほど待つ。

これを繰り返し、プラケース内の水がほぼ引越し先の水になるまで行けば完璧。そこまでせずとも、8~9割混ざれば大丈夫でしょうか。

水を足しているうちにプラケースから溢れてくるので、その分は外に捨てます。

水合わせが終わり、新しい飼育容器で泳ぐ稚魚。

ここには大人たちもいるので最初はドキドキでしょうし、さっそく追いかけられたりもしてましたが、暮らしやすさはこちらがずいぶん上のはず。
元気に大きくなってほしいです。

【メダカビオトープ】稚魚の越冬用グリーンウォーター、茶色くなる!

晩夏に産まれたメダカの稚魚は、十分な成長が間に合わず冬を迎えることになります。

水温が下がるとメダカは活動が低下し、エサを食べずにじっと春を待つのですが、体力がなければそこで力尽きてしまう。
稚魚の多くは体力が備わってないので、通常は春まで生き残れないわけです。

そこで稚魚たちが冬も栄養を取れるように、エサとなる植物プランクトン(藍藻類)が大量発生した水で越冬させるのですが・・・

【メダカビオトープ】稚魚の冬越しをグリーンウォーターで挑戦する

初の試みとなった2018/19 冬は残念ながら失敗に終わってしまいました(涙)。

開始したときは10匹ほどいた稚魚たちのうち、3月まで生存できたのはわずか3匹。これは少ない。

翌年以降、同じ失敗を繰り返さないように原因を調べておく必要があります。

黄色くなった緑水

2018/19 冬の失敗点は主に2つです。

  • 稚魚をサイズ分けしなかった
  • グリーンウォーターが黄色く(茶色く)なってしまった

稚魚のサイズ分けについては、別ページで書いてありますので、よければそちらを見てください。

【メダカビオトープ】順調に育っていった稚魚が突然減っていった件

ではグリーンウォーターが黄色くなった原因は何か。

黄色くなった水にいるのは、藻類のなかでも「珪藻(けいそう)」という黄褐色のグループだそうです。
グリーンウォーターを作る「緑藻類」がなんらかの理由でいなくなり、「珪藻類」がぐんと増えて黄色くなる

何故、緑藻類たちがいなくなってしまったかですよね。

富栄養化?日光不足?

調べてみると、グリーンウォーターが黄色くなるのはさほど珍しくない現象のようです。小さな飼育容器なので、生態系のバランスが崩れることは往々にしてあると。

そしてグリーンウォーターが黄色、もしくは茶色に変色するのは、バクテリアによる濾過が上手くいっておらず、水が富栄養化してしまっているからだとか。

富栄養化・・・ アクアリウム界隈でよく目にする言葉ですね。窒素などが水中に大量に余ってしまっている状態です。

もしくは、日光が不足している

結局、対策が分からない(涙)

このうち、バクテリアに関しては最初からアテになりません。だってグリーンウォーターにするために、赤玉土などのバクテリアの住み家になるものは入れてませんから。

バクテリアなしでも富栄養化しにくいのがグリーンウォーター。

排泄物の栄養吸収は、植物プランクトンたちが担っていた。彼らがいなくなったからこそ、排泄物がそのまま残り、水質が悪化してしまったのではないか。

富栄養化を防ごうとして水草を入れると、グリーンウォーターになりませんし。そもそも冬は寒くて水草は枯れますし。
実験で入れっぱなしにしていたホテイアオイ、これが原因?

日光に関しては、これ以上はないと言うくらいに窓際に置いていたので、さらに当てるのは困難・・・。

どうしたらいいんでしょうね(苦笑)

減った分を足すだけにとどめて水換えをしなかった水を、少しずつ換えていくべきだったかのでしょうか。

すみません、結論に至らずです。
これかも、と思い当たる節があれば、教えてください。

生存した稚魚は元気

こんな黄色くなってしまったグリーンウォーターでも、わずかに生き残った稚魚たちはふつうに暮らしています。その頑張りに拍手したい。

彼らには是非とも長く元気に生きてほしいですし、これから少しずつ水換えをして、大人たちのいる別の飼育容器に引越しさせていく予定です。

まずはスポイトで底に溜まっている排泄物を取り除き、減った水を足しました。

【メダカビオトープ】稚魚の冬越しをグリーンウォーターで挑戦する

メダカの飼育に向いているグリーンウォーター。
エサになる植物プランクトンが大量にいることで、人口飼料が口に入らない小さな稚魚(針子)が暮らすのにとても向いている水です。

このグリーンウォーターは、メダカの冬越しにも向いているらしく。小さなメダカたちはこのグリーンウォーターで冬越しさせようかと思っています。

グリーンウォーターは冬越しにも良い

季節も11月中旬、風も水も冷たくなってきました。
トロ船で飼育しているメダカたちは、ちょっとした防寒の工夫をする予定。
大型睡蓮鉢はそのままで頑張ってもらいます。

ここは兵庫県南部ですし、大人メダカはなんとか冬を乗り切れる。メダカは寒さに強い方で、0℃でも頑張って生き延びてくれます。

問題は初秋に生まれて大きくなっておらず、十分な体力のない稚魚たちです。
自然淘汰を仕方なしとしないのであれば、守ってあげなければならない。1cmに満たない針子たちは越冬中に力尽きるといわれています。

水温が15℃を下回る頃から、エサを食べる量が減ってくるメダカたち。
10℃を切ると活動自体が鈍くなり、エサも食べなくなります(消化能力が低下)。でも絶食するわけでなく、冬でも多少の食べ物は摂取します。

冬越しにもグリーンウォーターが良いのは、水中に消化の良い植物プランクトンがたっぷりいることで、寒くて水底でじっとしている間も無理なく栄養を取り込めるからです。

水温変化が少なくなる大きめの容器でグリーンウォーターを作り、冬越しさせることでメダカの生存率は高くなります。

引っ越させるか、迷う

11月中旬・薄曇りの日・正午過ぎの稚魚用発泡スチロール容器の水温は水底付近が17.0℃、浮いてるホテイアオイ下は17.7℃でした。

隣りにある、同じく日当たりの良い大型睡蓮鉢は19.1℃。さすがに水量があるので高いです。

迷うのは、
■ 大きくて水温変化の少ない睡蓮鉢に移すのか
■ 小さいけれど栄養たっぷりのグリーンウォーター容器でいくのか

もっと大きくて深い発泡スチロールにしておけばよかった、と悔やんでも時は遅し。

おそらくは小さなグリーンウォーター容器を、室内に入れるんじゃないかな… と思います。
1cm程度に育っている子は、大型睡蓮鉢に移すかもしれません。

まだ水温が17℃あり、メダカたちはエサを食べるので、今のうちにできるだけ栄養を蓄えてもらい、身体を大きくさせて冬に臨む。
水質が悪化しないよう、やり過ぎないようにしないといけません。

【メダカビオトープ】グリーンウォーターで困ったこと

メダカの飼育に良いといわれているグリーンウォーター。実際に作ってみて、メダカの赤ちゃんを育てるには良い水だと思いました。

水のなかがエサ(植物プランクトン)だらけなので、給餌不要。メダカが元気に育つ。水質も安定。良いことずくめなのですが、悪いことがないってワケでもないんですよね。

まず、透明度が低いのでメダカが見えにくい。
少し潜ると、すぐ姿が消えます。

そして昼間は光合成をして酸素を供給してくれる植物プランクトンだけれど、夜間は逆に呼吸で酸素を消費するので、多量に発生すると酸欠になる。

もうひとつ予想外だったのは、ものすごくアルカリ性になることでした。

  • メダカが見えにくい
  • 増えすぎると夜間に酸欠状態を起こす
  • とてもアルカリ性

グリーンウォーターはアルカリ性

グリーンウォーターがアルカリ性だと知ったのは、偶然でした。
なんとなくpHを計ってみたら、検査液が見たことのない色を示したんですね。

「なにこれ!?」と驚愕しました。

赤玉土を使っている睡蓮鉢では水は酸性寄りになるので、検査液はだいたい中性~弱酸性(黄緑~黄色)です。

それが藍色(苦笑)。pHは10.0くらい行ってますよね。

よくこんなアルカリ性で元気に暮らしているな・・・ 生まれた時からこの水だと、適応してしまうんでしょう。

でも別の容器に移す場合の水合わせは、とても時間がかかります。
稚魚は生後1ヶ月くらいになると、もう成魚に食べられない大きさになります。それで引っ越しをするのですが、pHショックを起こしてしまうので簡単には移せません。

プラケースに入れて1/3ずつ水を入れ換え、入れ換え、結局2日ほどかけて同じpHにしていきました。最後はもう透明でした。

【メダカビオトープ】メダカの赤ちゃん用にグリーンウォーターを作る

メダカの飼育に良いといわれるグリーンウォーター。僕が関心を持ったのは、初めて稚魚がかえった時でした。

針子と呼ばれる、生まれたての稚魚はとても小さいので、成魚用のエサは小さくすりつぶさないと食べることができない。

せっかく生まれた針子たちが餓え、次々に☆にしてしまったことが何度もあったのです。

針子たちの生存率を高める方法はないのか。調べた結果、グリーンウォーターが良いということで早速作ってみることにしました。

グリーンウォーターって何?

グリーンウォーター。緑の水。
その名が示すとおり、植物プランクトンが大量に発生・繁殖し、緑色になった水のことです。

畑に置いてある水瓶の中の、緑になった水。
ため池の緑の水。
流れがなく、陽の当たる場所に溜まっている水は、よくこのグリーンウォーターになっています。
あまりキレイな印象のない水ですよね(苦笑)

空気中には植物プランクトンが漂っているので、溜置かれた水には植物プランクトンが暮らすようになります。
そこが日光が当たり、植物プランクトンを摂取するものが少ない場所なら、光合成を行いつつどんどん増えていく。大量に繁殖すれば、緑水の完成です。

温かい春以降なら、10日~2週間もあれば良いグリーンウォーターになります。

どうしてグリーンウォーターがメダカに良いのか

グリーンウォーターがメダカを飼ううえで良いのは、植物プランクトンがメダカの餌となるからです。

稚魚だけでなく、成魚メダカも植物プランクトンを食べて生きています。わざわざ人工のエサを食べずとも、エサの中で暮らせれば、成長も早く元気になりますよね♪

それに植物プランクトンは“植物”というだけあって、バクテリアがアンモニアを分解した時にできる硝酸塩をエサとして増えます。
水質の浄化にも役立ってくれるので、少しずつ水換えをしたり足し水をしていれば、メダカが暮らしていくことが可能です。

いいことだらけですね。

室内の水槽で育てるより、屋外のグリーンウォーターの方が早く大きくなりますし、生存率も上がります。

グリーンウォーターの作り方

ではさっそく、グリーンウォーターを作ってみましょう。

方法は簡単。
水を容器に汲み、日光の当たる場所に置く
そして待つ。
以上^^

ポイントは植物プランクトンがしっかりと光合成を行えるよう、太陽の光が当たる場所に容器を置くことです。ここ、重要。

また、植物プランクトンが増えるための栄養素を食べてしまう生体がいる場合は、エサがないのでなかなかグリーンウォーターにならないようです。

赤玉土や砂利が多くあるとバクテリアが増え、植物プランクトンを食べてしまうので、グリーンウォーターを作る場合は入れません。

水草も植物プランクトンのエサとなる硝酸塩を吸収してしまい、グリーンウォーターになりにくいようです。僕の経験では、小さなホテイアオイくらいなら緑になりました。

あとはそう、水温です。
植物プランクトンは水温が低くなると増えにくいので、春から秋くらいでないと出来てきません。

  • 光合成のために日光に当てる
  • 水草は入れない
  • 濾過材(赤玉土、砂利など)を入れない
  • 低くない水温

プラスティック製の容器に水を入れ、日光の当たる場所に置きました。何故か少量入れてしまった赤玉土(汗)

同時に卵も入れてあるので、孵化する前にグリーンウォーターになってくれるよう祈っての立ち上げです。

約2週間後です。だいぶグリーンウォーターになってきました。針子も次々に生まれています。

約3週間後。立派なグリーンウォーターになり、針子たちも元気に育っています。
容器の色が濃いので、緑も濃く見えます。
実際、少し濃いめかも。もう少し水換えをした方が良かったように思います。

実はこのグリーンウォーターで飼育していた針子たちのうち、おそらく半分くらいは☆にしてしまいました(涙)ごめんな。

原因は濃くなりすぎたことによる夜間の酸欠?
別の容器でもグリーンウォーターを作っておき、大きくなった稚魚から引っ越しするなどした方がよかったかもしれません。
来年への課題です。