【メダカビオトープ】水生植物の紹介:デンジソウ

わが家のメダカビオトープに植わっている、水生植物たちを紹介します。

デンジソウは、デンジソウ科デンジソウ属の多年草。
四つ葉のクローバーのような形を「田」の字に見立て、田字草と名付けられたそうです(wikipedia より)。

なんとこの草、シダ植物なんですね。おどろきです。
シダなので、胞子のうを付けて胞子を出すとか。

特徴

なんといっても、その葉の形。四つ葉のクローバーのような形をしています。とてもかわいらしいです。

シダ類ですが、胞子を利用することなく、地中に根を伸ばし繁殖することができます。そして水中に茎を伸ばし、葉を水面に出し、どんどんと範囲を拡大していく。
茎の節から伸ばした根を土に下ろしてもいます。
1~2株あれば、数ヶ月後には水面を覆っているくちです。

繁殖力が旺盛なので、田んぼに生えていると扱いは水田雑草。ただし除草剤に弱く、環境省の絶滅危惧II類に指定されています。自生しているデンジソウは、うちの市内にはありません。

水面を覆い尽くしてほしくない場合は、伸びてほしくないエリアの地中から茎が出ているのを見付けると、抜いています。

栽培難易度は低め。

水面を覆っていくので、メダカたちの隠れ家になり、夏は水温の上昇を抑えてくれるでしょう。

冬は枯れますが、春になると地下茎から再び葉を伸ばしていきます。下の写真は、4月中旬頃の様子。

まだまだ小さな葉。初夏の頃には、水面を覆っていることでしょう。左手前はヘラオモダカ。

感想

派手さはないですが、四つ葉のクローバーのような葉がかわいい。育てやすく、少量あればどんどんと増えていくので、おすすめの水生植物です。

【メダカビオトープ】水生植物の紹介:トチカガミ

わが家のメダカビオトープに植わっている、水生植物たちを紹介します。

トチカガミは、トチカガミ科トチカガミ属の多年草。
トチはスッポンの意味らしく、光沢のある丸い葉を鏡に見立てて名付けられたそうです(wikipedia より)。

特徴

スッポンかどうかは微妙ですが(^^)ハート型のようなかわいい形の葉をしています。浮葉の裏には盛り上がった部分があり、ここが浮き袋になって水面に浮かぶ仕組み。よく出来ていますよね。

水面に浮かび、水中茎を横に伸ばして広がっていきます。

爆発的、とまではいかないにせよ、よく増える植物です。気がつけば、いつのまにやら新しい葉と根が展開されている感じ。1~2株あれば、数ヶ月後には水面を覆っているんじゃないでしょうか。
栽培難易度は低め。

水面を覆っていくので、メダカたちの隠れ家になり、夏は水温の上昇を抑えてくれるでしょう。

夏頃(8~10月)に白い花をつけるそうですが、わが家ではまだ見かけていません。

晩秋になると、水中茎の先に殖芽という越冬用のパーツを形成します。これが水中に沈み、春を待つ。

春(4月頃)になるとそこから芽と根が出てきます。葉が育ってくると、水面に浮き上がってきています。

感想

ハート型の葉がかわいい。育てやすく、少量あればどんどんと増えていくので、おすすめの水生植物です。

【メダカビオトープ】少しだから・・・と油断すると大変、それがウキクサ

小さきことの強み・・・ を最大限に活かした拡大戦略を展開させているのがウキクサ類です。

他の植物たちにひっついて水槽へとやってきては、あっという間に大繁殖してしまう小さな浮遊性の水草たち。小さいゆえに最初は見逃しやすく、また少しならかわいいし好いか、と思わせる外見も備えています。

しかし、彼らの増え方は半端ない
気がつけば水面をウキクサが埋め尽くしていた・・・という水槽は数知れません。今もきっと、世界中にウキクサとの終わりなき戦いをしている人たちがいることでしょう。

ウキクサ対策はただ一つ、見付け次第に除去
これしかないです。

ヒメウキクサのようだ

ウキクサと一口に言っても、種類はいくつもあります。一般的なイメージはこちら。米粒くらいのかわいい水草です。

日本のビオトープ界隈で見られるウキクサは、大きく『ウキクサ属』と『アオウキクサ属』に分類されるようです。

違いは、根の数。
数本以上の根があればウキクサ もしくはヒメウキクサで、根が1本ならばアオウキクサやコウキクサなど。

わが家のウキクサは根が複数本ありますから、大きさ・形状・常緑での越冬などの特徴からみてヒメウキクサっぽいです。

まあ細かい分類はなんだっていいですよね。たくさん増える小さな水草ってことは共通してます。

最初から侵入させない

網で掬いにすくっても、残っていればまたあっという間に増殖するウキクサ。
雰囲気自体は水田っぽくなって悪くはないのですが、「この飼育容器はウキクサ不要」というところがあれば、侵入を許さないことで後々楽になります。

もし水面を埋め尽くすほどに増えてしまい、取り除く場合、一つ一つ手作業で取っていきます。
小さな水草なので、道具も小さな方が向いていて、小さめの網か、茶こしなどが便利です。

【メダカビオトープ】水生植物を植えると良いこと5つ

屋外でメダカを飼育する際、多くの場合は植物を植えます。
睡蓮鉢であれタフ舟であれ、植物があるとないとでは雰囲気が全然違ってくる。緑の草の間をメダカが泳ぐ様は、疲れた現代人に癒やしをくれますよね。

しかし水生植物には実は、僕たちを楽しませる以外にも重要な役割があります。メダカたちが健康に生きるための環境作りです。

具体的なメリットは、主だったところでは次の5つです。

  • 生態系ができて水質安定
  • 酸素を作る
  • メダカのストレス軽減
  • 日陰となり、水温上昇を和らげる
  • 産卵場所になり、稚魚を隠す

水換え不要の環境になる

水生植物の働きとして一番重要なのは、植物が生長するために水中の栄養分を吸収してくれることです。

メダカは生き物ですから、排泄物を出します。餌の食べ残しが出れば、水底に溜まっていきます。
それら不要で有害な物質を土や砂利に住むバクテリアが分解し、できた硝酸塩を植物が養分として吸収する。

この生物濾過の仕組みができれば、睡蓮鉢など容器内の限られた水でも水質が安定し、しんどい水換えがほぼ不要になります。

酸素を作る

水中に葉を広げる植物は光合成によって水中の二酸化炭素を吸収し、酸素を供給してくれます。

メダカの匹数が増えると酸素濃度が下がり、呼吸困難になる場合もあるので、植物の作り出す酸素は役立ちます。

メダカのストレス軽減

メダカは植物の陰が好きです。
直接話を聞いたわけではないけど、きっと好き。
人が何にもない空間よりも木々のある公園で落ち着くように、メダカたちも植物のある自然に近い環境が落ち着くでしょう。

植物があることで、隠れ場所にもなります。メダカもヌマエビたちも、よく植物の陰にいる。
ストレスの少ない環境のほうが病気になりにくく、健康で長生きします

ひょっとすると日本に昔から生えている植物を植えた方がメダカたちの心地よさも増すんじゃないかなと思い、僕は地域の植物をできるだけ使ってます。

夏の水温上昇を和らげる

メダカは日光が大好き。でも夏場の直射日光による水温上昇は、メダカにとっても酷です。いくら38℃といったぬるま湯状態でも生きられるメダカとはいえ、厳しい環境。

その水温上昇を和らげ、緩やかにしてくれるのが、水辺の植物や浮き草が生み出す日陰です。

オモダカ類やカヤツリグサ科の植物(サンカクイ、ホタルイ、マツバイなど)、アシなどが茂っている水辺はメダカたちに優しそうです。

産卵床や稚魚の隠れ場所になる

水生植物は、メダカの産卵床になります。
浮き草のホテイソウが有名ですが、メダカたちが身体をこすりつけられる植物なら大丈夫。
沈水性のマツモやカボンバもよく使われています。

また、こういった植物たちは、水面近くで暮らすメダカの稚魚たちにとって良い隠れ場所になります。

とりあえず食べられそうなものは口に入れるメダカは、稚魚も見付け次第食べようとします。
成魚と稚魚を同じ容器内で飼う場合、浮き草の根や水草は稚魚を守ってくれます(広い容器でないと、それでも生存率は下がる)。

水生植物を植える注意点

メリットたくさんの水生植物ですが、注意点もあります。

それは、種類によっては成長スピードが非常に早く、水面や容器を埋め尽くしてしまうことです。
浮き草は特によく増えます。
水面を覆ってきたら、ためらうことなく間引いていきましょう。

特に厄介なのは、他の草などに混じってやってくる、米粒大のウキクサ・・・ 1粒ならかわいいし良いや、と油断すると手が付けられなくなります。

デンジソウやウォーターマッシュルームなど、地下茎で増えていく植物も繁殖力が強い。根が広がりすぎないよう、鉢などに植えるのもいいです。

【メダカビオトープ】うちで植えている水生植物(水田雑草)

トロ船、睡蓮鉢でメダカを飼育するビオトープを作る場合、水生植物を植えます。見た目が良くなりますし、水の中にある栄養分を吸収して育つことで水質浄化が期待できるからです。

  • 見た目が良くなる
  • 水質浄化
  • メダカが隠れ家となり喜ぶ

一石三鳥ですね^^

うちの大型睡蓮鉢とトロ船に植わっている植物を紹介します。

ビオトープの植物といえばスイレンが代表格ですが、ちょっと僕の趣味とは異なる。雑草といわれるような、素朴なタイプが好みなのです。

大半は、近くの田んぼやあぜ道で採取してきたものです。欲しかったけれども見つからなかったものは、ショップで購入しました。

水田雑草たち

メダカビオトープをするようになってからは、近所の水田の様子にすごく敏感になりました。以前は素通りしていた田んぼに、何が生えているのか気になって仕方がない(笑)。

初夏の頃に採取したのはこれらの草、いわゆる水田雑草と呼ばれる草たちです。

オモダカ

わりとよく見かけました。そして何本かをいただき、植えてみました。

矢尻のような独特な形の葉が特徴。時折咲かせる小さくて白い花が可憐です。

コナギ

代表的な水田雑草です。
葉の形はたまご型だったり、ハート型だったり。ミズアオイ科ということで、夏頃にホテイアオイに似た青紫の小さな花を咲かせます。

これらオモダカとコナギは、最初見付けた時は「これか!」と心弾んだのですが、すぐに珍しくもなくなってしまいました。

セリ

春の七草の一つで、七草がゆとして食用になるセリ。近所の田んぼで見付けたのですが、おそらくセリで合ってると思います。

コナギやオモダカより、こういう姿形の草が好きです。

セリは非常に丈夫で、根っこさえあれば芽を出すようで・・・ 茎を横に伸ばし、根を生やし、範囲を拡大していきます。油断すると群生するので、注意が必要なようです。

今年は夏に採ってきましたが、大きくはならず。来年どうなるか、楽しみでもあり怖くもあります^^;

ヘラオモダカ

水田や湿地に発生する雑草ですが、うちの近所では全然見かけませんでした。よってショップで購入。
葉が矢尻型のオモダカより、その名のとおりに平たいこちらヘラオモダカの方が好みです。

ナガバオモダカ

こちらはヘラオモダカに葉の形が似ていますが、北アメリカ原産の外来種。
非常に繁殖力が強く、地下茎を延ばして増えていきます。

ホームセンターで売れ残りを値切り、大特価で買ってきたのですが(200円くらい)、しばらく放置した後に植えようと土を取ってみたら、小さな株がうじゃうじゃ出来ていました。怖いくらい(笑)

繁殖力の強さゆえ、捨てられたものが帰化して固有種を駆逐してしまいますので、絶対に流出しないように注意する必要があります。

たっぷり増えても良いように、メインの大型睡蓮鉢とはまた別の睡蓮鉢に植えました。どれくらい生い茂るか、来年が楽しみです。

トチカガミ

田んぼには生えておらず、購入。
丸みを帯びたハート型のような葉。横に茎を伸ばして広がり(ほふく茎というそうです)どんどん増えて水面を覆います。葉の裏に気嚢(きのう。浮き袋)があるのが特徴です。

7~10月に白い花を咲かせるそうですが、うちではまだ見たことがありません(汗)。

ウリカワ

近所の田んぼに群生していたので、数株をいただいてきました。白い花がかわいい。多くの県で絶滅危惧種に指定されているようです。

オモダカ科で、背丈もあまり大きくならずにホームビオトープで使うには優れた植物。今年はちょっと邪険に扱ってしまったので、来年は丁重にお迎えしようと思います。

ウキクサ

他の植物に付くなどしていつの間にやらやって来て、あっという間に水面を覆い尽くす米粒ほどの小さな草です。

あるだけで田んぼっぽくなるので、そういう環境を再現したいなら別ですが、一度増えてしまうと取り除くのは困難。
最初から入れない方がいいですし、見付け次第取り除くことをおすすめします。

上の写真では、少し大きめのアマゾンフロッグピットもよく増えます。

雑草たち

ホームビオトープの一部に土を盛り上げ、湿った土手を作ると、異なった種類の植物や生き物が暮らすエコトーンができます。

うちの大型睡蓮鉢ではエノコログサやタデ、チドメグサ、カタバミなどを自宅庭やそのへんの空き地、側溝から取ってきて植えています。

エノコログサ

いわゆる猫じゃらしです。なんか好き。
根元が水に浸っていても、枯れません。

タデ

タデもなんか好きです。
ピンクの花が控えめでかわいく、ホームビオトープのアクセントになります。

チドメグサ

近所の側溝で、コケと一緒に生えていたものを採取。自宅環境では勢いを落としますね・・・。

あぜ道で採取してきた草たち

好みの雑草が各種育っているあぜ道があったので、幾つかもらってきました。

そのうちの何割かはバッタに食べられてしまったので、側溝で採取した苔を植え付けています。

【メダカビオトープ】2018年版:好きな水草(雑草)3つはこれ

大型睡蓮鉢でメダカを飼育しようと思った大きな理由の一つは、自然に似た風景を作れることでした。

土を盛って植物を植え、水際の様子を小さいながらも再現できる。
近所の田んぼへ行ったりして草をもらい、見つからなくて欲しいものは買ったりしながら、自分なりのビオトープを作ってみました。

水草は、最初はわりと闇雲に集めていたのです。
しかし徐々に自分の好みが分かってきた。
そこでここでは2018年度版、好みの水草(雑草)トップ3を発表します!どうでもいいと仰らず(笑)よければ見てください。

デンジソウ

ある方々のご厚意で頂いたのがデンジソウです。
四つ葉のクローバーのようなかたちをしていて、「田」の字のようだから「田字草=デンジソウ」。

かつては普通に見られた水田雑草とのことですが、除草剤などで激減、絶滅危惧種になってるみたいです。
園芸種は専門店で販売されていますね。

除草剤には弱いけれど繁殖力は強く、一株あれば地下茎を横に這わせてどんどん増えていきます。ひと夏あれば、水面を覆う勢いです。

魅力は、その葉の形のかわいさ。
姿から想像がつきませんがシダ類だそうで、花を咲かせることはないのですが、その控えめさがかわいい。
水面を葉が覆うことで、メダカたちの隠れ場所になります。

注意点は、増やしすぎたくない場合は地下茎の延びをチェックしてカットする必要があることです。

タデ

ことわざ「タデ食う虫も好き好き」のタデ(蓼)。
水草でもなく、園芸種でもなく、そこらへんの空き地や道ばたに他の草たちといっしょに自生しています。

このタデの有り様、小さなピンクの花をひっそりと咲かせる姿がとても好きで。Aquacat さんが睡蓮鉢に植えているのを見て、僕も導入しました。
採取場所は、自宅の庭です(笑)。種類はイヌタデでしょうか。道ばたで見付けるものほど、背丈は伸びていません(10cmほど)。

乾燥した土地に生えているのですが、湿気があるとダメかというとそうでもなく、常に水気を含んだ土に植えても枯れることなく育っています。
ピンクの花が良いアクセントとなりますね。

1年草なので11月頃になると枯れますが、こぼれ種からまた来年も花を咲かせてくれるでしょう。

名前不明(苦笑)

名前が分かりません(苦笑)。
田んぼのあぜで採取してきた、よく分からない草です。花を咲かせたところもみたことがない。
でも赤い茎や葉っぱの形、すらりとした全体ラインがとても好みで、植えて良かったと思ってます。

どうでしょう。
秋になると、少し紅葉もします。

名前をご存じの方がおられましたら、ぜひ教えてくださいませ。

これらが植わったビオトープ鉢が、こちらです。
大型睡蓮鉢に近所の田んぼで採取してきた植物を植えると、メダカたちも心なしか元気に泳いでいる感じがします。
緑を見ていると、心も癒やされますしね。

あなたも挑戦してみてください。

【メダカビオトープ】アオミドロへの対処法

屋外でメダカを飼っていると、太陽光の作用により、次第にコケ(苔)が繁殖してきます。これはもう、防ぎようがない。どこからともなくやって来て、自由に増えていく、それがコケです。

コケには様々な種類があります。
ビオトープでよく育つのが糸状のコケ、アオミドロです。

その名のとおり、ドロッとしている。
見栄えが良くないですし、時々メダカも絡まっているし… ゼロにするのは無理でも、少なくできれば嬉しい。

アオミドロへの対策は幾つかあります。
僕がやっているのは次の3つです。

  • 餌をやる過ぎない
  • アオミドロを食べる生き物を入れる
  • 遮光する

アオミドロが発生するのは富栄養

アオミドロはとてもポピュラーなコケです。
よく見かけるのは、流れない水があるところ。
富栄養な田んぼによく繁殖しています。
流れのある用水路では見かけません。

睡蓮鉢などのホームビオトープは基本的に流れがないので、アオミドロにとっては過ごしやすい環境です。

では、日光が当たって流れのない容器内だと必ず発生するのか、というとそうでもなく、グリーンウォーターにしている容器にはアオミドロは見られません

その違いは、というとまず思い浮かぶのはビオトープ内の富栄養。

生体の飼育数が多かったり、餌の量が多かったりすると、水の中に窒素やリン酸といった成分が増えてきます。
窒素、リン酸といえば、カリウムと並ぶ肥料の三大要素。植物が吸収しきれない分は、コケの栄養となります。

餌をやりすぎないことが、アオミドロを増やさないために大事です。

アオミドロをどうやって取り除こう?

ドロッとしたアオミドロをどうやって取り除いていくか。僕がやっている方法は2つです。

  • 手で取る
  • ヌマエビなどの生体を入れる

まずは日々の手による除去です。
メダカを観察しつつ、伸びているアオミドロを発見すれば取る。たっぷり取れた時は爽快感すらあります^^;

しかし細かい部分は取り切れないので、コケを食べてくれる生体の導入です。

コケ取りで有名なのはヌマエビ。
ヤマトヌマエビがよく食べるそうなのですが、僕はそこらへんの用水路や河原で採取したヌマエビを入れています。
ミナミヌマエビかもしれませんが、よく調べてないので分かりません(笑)

ヌマエビは、思いのほかそのへんの用水路で生きています。藻類が生えているところをよく見れば、発見できるかもしれませんよ^^

タニシもまたアオミドロをよく食べてくれるので、おすすめの生き物です。

光を遮る

アオミドロも植物ですから、日光がストレートに水中に届くよりも遮られる方が繁殖力は落ちます。

夏は水温上昇を防ぐためにも、よしずなどを立てかけると良いですし、浮遊性の水草があると遮光してくれます。
水草には水中の栄養を吸収してくれる効果もあり、メダカの隠れ家にもなります。

ビオトープ用の植物は、田んぼ雑草が好き

ビオトープに植え付ける植物は、なにがいいか。
僕が好きなのは、田んぼや畦(あぜ)に生えている、いわゆる水田雑草です(笑)。

好みでしかないですが、雑草・野草の素朴な感じが好きで。小さな花をさりげなく付けるところに惹き付けられます。

無料である点もすばらしいですよね(笑)。

今回はコナギやオモダカといった、水田の中に生えている草ではなく、畦の草をもらってきて土手部分に植えたので紹介します。

 


植え付け後は、こうなりました。上の写真では、左角の部分です。
いっぱいもらってきたので、植えると割とぎゅうぎゅう。

土手部分。
草で判りにくいですが、赤玉土を5~6cm盛り上げて湿地帯を作っています。イメージしたのは小川の水際です。

別角度。

アップ。
小さな薄紫の花がかわいいです。名前は… 分かりません(苦笑)。

スコップを持って田んぼへ

夏の畦は背の高い草が生い茂っていることが多いので、稲刈りの終わった秋や春のほうが採取に向いてそうです。

スコップ(関東ではシャベル)とバケツを持って田んぼへ行き、細根をちぎらないように土ごともらいます。

除草剤が心配なので、できるだけ散布が少なそうなところ。

採りすぎないことを心がけます。
農家の方に許可をもらう方が気持ち良いので、土日に行く方が出会える確率が上がりそうです。
「メダカを飼ってて植えたいので、少しください」とお願いすれば、たいてい快く分けてもらえます。

採取するのは田んぼに限らず、そこらの草地でもOKです。
要するに、気に入った雑草があれば良い!

あとはこれらの植物たちが冬を越えた後、どのように変化していくかですね。
ナゾの球根も地中にあるので、来年はそれらが姿を見せてくれることでしょう。

見つからない、でも欲しい植物はショップ購入

浮葉植物などは近所の田んぼでは見つからないことも多いので、それらは専門店で購入しました。

この睡蓮鉢では、水中に植えてあるヘラオモダカとマツバイがショップ購入。デンジソウは好意の頂き物です(感謝感謝)。

みなさんも近くに田んぼがある場合、ビオトープ用の植物を採取させてもらってはいかがでしょうか。