【メダカビオトープ】マツバイが増えてきた。2019年5月中旬のビオトープ

5月も中旬になると、日差しはもう夏。睡蓮鉢の水温も、場所によっては昼間は30℃になります。

メダカたちは元気いっぱい。産卵シーズンに入っているので、ウィローモスを指で探ると毎日新しい卵が見つかりますね。

マツバイが生えてきた

昨年の晩夏に購入し、植えていたマツバイ
当時はまだ根が張っておらず、アオミドロを除去する際にほとんどが抜けてしまいました。それでまた新たに買う必要があるな・・・と思っていたら、ちらほらと芽吹き、少しずつ勢力範囲を拡大しています^^

夏を迎える頃には、緑のじゅうたんになっているか?
楽しみです。

アカバナユウゲショウ開花

名前は分からないけれども、有り様がなんか好きだと言っていた植物の正体が判明。
「アカバナユウゲショウ」でした。

判別できた理由は、その花です。
春になり、去年よりもひときわ高く成長したと思ったら、ピンクのかわいい花を咲かせた。ジョギングしていると道ばたで見かける花でした。

からからに乾いた空き地から、ずっと湿り気のある環境まで大丈夫の適応力。

草丈はおよそ50cm。高いです^^

5月から9月にかけて花を咲かせるということで、長く睡蓮鉢を彩ってくれそうです。

成長する水生植物たち

土手や水際の植物たちは、どんどん元気に育ってきています。
でもメダカの稚魚が泳いでいる姿は見かけず、稚魚が親たちに食べられることなく成長するためには、もっと隠れ家が必要なようです。

石に無造作に置いていたコケは活着し、小さな植物が生えてきました。こういった変化が楽しいです。

もう一つの睡蓮鉢

穴を修復した大型睡蓮鉢は、水漏れすることなく順調にメダカビオトープになってきています。

パイロットフィッシュとして入れた7匹のメダカたちは健康な様子で、食欲旺盛。気持ちよさそうに広いスペースを泳ぎ回っています。

水草はマツモウィローモスが入っている程度で、まだ少なめ。近所のホームセンターでシラサギカヤツリが半額だったので植えました。

立ち上げた当初よりも、水の透明度が少し下がった印象。濾過バクテリアが増え、植物も増えてくれば、再びクリアになってくるでしょうか。

【メダカビオトープ】水生植物が続々芽吹く。2019年4月のビオトープ

4月に入って気温が上がり、わが家のメダカビオトープも徐々に植物たちが葉を伸ばしています。

越冬したメダカたちはとても元気に泳ぎ回り、エサをたくさん食べ、メスのおなかには卵も。5月に入れば、本格的な繁殖の開始ですね~。

緑が増えた

4月に入ってからの一番の変化は、やはり緑が増えたことです。緑が増えてくると、生命力を感じる。情景として魅力的になってきますね。

こんな感じから・・・

このように(↑)。
手前側の水面に、デンジソウやトチカガミ、ヘラオモダカが葉を出してきたのが大きな変化です。
奥の土手エリアはそんなに変わっていません。

別角度から。
ナガバオモダカの小さな白い花が可憐です。
石についているのは、川から採取してきた苔。もうすっかりと活着しました。

土手エリア。
雑草たちが良い感じに芽を出し、伸びてます。放任すると、どこまでいきますか。

この大型睡蓮鉢ではメダカたちの採卵をせず、自然にどれくらい増えるか試してみる予定です。
去年、近所の田んぼからもらってきたセリ(?)が各所に伸びてきているので、もう少し増えてくれば、稚魚たちの隠れ場所になるかな?

メダカだけでなく、ヌマエビヒメタニシたちも活発に活動し始めました。

もう一つの睡蓮鉢

東側には、去年の晩秋に立ち上げた睡蓮鉢がひとつあり、パイロットフィッシュの任務を果たしてくれたメダカたちがそのまま暮らしています。

小さな四つ葉のクローバーのような葉が、デンジソウ。その隣の明るい緑のハート型がトチカガミ、大きくて濃いめの緑がヒツジクサ(だと思う)です。

奥の方ではナガバオモダカが白い花を咲かせ、水中ではコウホネの水中葉が大きくなってきてます。

繁殖力の強いナガバオモダカがどれだけ増えちゃうのか、ドキドキです(笑)。