メダカ

ビオトープ

【メダカビオトープ】秋、9月に入ると採卵し孵化させていくのを止める

メダカの赤ちゃんが冬を越せる大きさになるまで、2-3ヶ月が必要になります。晩秋に生まれた子は、越冬できない。なので9月に入ると、これまで続けていた採卵を止めます。
ビオトープ

【メダカビオトープ】田んぼからイグサ(ホタルイ)をもらってきて植える

2020年に本格稼働させるべく、新たにメダカビオトープを立ち上げています。イメージしている完成形は、細長い水生植物が林立する湿地の水辺。バラエティを増やそうと、近所の田んぼからイグサをもらってきました。厳密にはホタルイかな。
ビオトープ

【メダカビオトープ】来年に向けて、新しいミニビオトープを立ち上げる(第2弾)

初秋のうちに新しいメダカビオトープを立ち上げておくと、翌年の本格稼働時に順調に進みます。9月~10月は季候も良く、メダカや植物も良い感じに育ってくれるのでおすすめです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】メダカが少しずつ、着実に減っていく怪・・・ ヤゴの仕業?

ある睡蓮鉢から、メダカが少しずつ減り続けていく・・・ という怪現象が夏頃から発生しています。ほかの睡蓮鉢には見られない、その1箇所だけの現象・・・ なんなのでしょうか。
ビオトープ

【メダカビオトープ】容器を分けたら、稚魚の生存率がアップ

卵から生まれた稚魚を成魚にする、メダカ飼育で最高難度のミッションがこれです。ずっと1つの容器で育て続けていると、少なからぬ数の稚魚たちが死んでしまうんですよね。これは飼育容器を複数用意することで、かなり解決できました。
ビオトープ

【メダカビオトープ】秋到来。来年に向けて新しいビオトープを立ち上げる(第1弾)

新しいメダカビオトープを立ち上げたい場合、9月はまだ間に合います。来年の本格稼働に向けて、ベースを作るのに良いと思います。ということで、ひとつ、新しい飼育容器を作っていきます。利用したのは、チャームさんの角型タライです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】アオミドロとの終わりなき戦い・・・ 猛威落ち着く

メダカを屋外飼育していて悩まされるのが、アオミドロです。 今年も激しい戦いを繰り広げましたが、途中までは完敗。それが8月半ば頃から状況が変化し、9月に入ろうかという今ではだいぶ落ち着きました。
ビオトープ

【メダカビオトープ】真夏の水温上昇への対策:直射日光は避ける

猛暑となる日本の夏は、メダカ飼育にもガーデニングにも厳しい季節です。涼しげに泳ぐメダカたちにとっても、強烈な日光によって温められすぎた水は過酷な環境だからです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】成長した稚魚を、成魚に混ぜるタイミング

別の容器で無事成長した稚メダカを、どのタイミングで親メダカたちのいる容器へと戻すか。これは基本的に、親メダカたちに食べられないサイズであれば大丈夫です。目安は、逆三角形の体型でミニチュア版になったあたり。
ビオトープ

【メダカビオトープ】グリーンウォーターは変化する。黄色から緑になった件

メダカの稚魚を育てるのに非常に適している、グリーンウォーター。文字どおり、グリーン(緑、青)の水ですが、必ずしも緑にはならないし、また色は環境などによって変化するという話です。
タイトルとURLをコピーしました