【メダカビオトープ】いなくて分かった、タニシやヌマエビの働き

タニシやヌマエビのいない睡蓮鉢では、フンなどが水底に溜まって環境が悪化しやすい、という話をします。

いま、わが家では複数の飼育容器でメダカを飼育しています。

メインとなっているのは、家の南側にある大型睡蓮鉢。その近くにはトロ舟がひとつ。
そして東側の睡蓮鉢と、大型の水鉢です。この睡蓮鉢は昨年秋、水鉢は今年春に立ち上げました。

この記事の舞台となるのは、東側の睡蓮鉢です。

フンなどが水底に堆積

この睡蓮鉢は昨年の10月に立ち上げたのですが、秋ということで本格稼働はさせませんでした。

ナガバオモダカの子株とヒツジクサの根を植えた以外は、パイロットフィッシュになるメダカを3匹入れ、越冬させただけ(2匹が春を迎えました)。
スネールは数匹いるものの、タニシやヌマエビはまだ入れていません。

すると、水底にはメダカたちのフンと思われるものが蓄積していく。
下の写真では分かりにくいですが、赤玉土の上になにかが積もっています。

この現象は、タニシやヌマエビのいる大型睡蓮鉢では起こっていません。
彼らがせっせと掃除をしてくれているからです。

分かりますでしょうか。
赤玉土の粒がくっきりと見えます。タニシも写ってますね^^ 頑張ってくれてます。

いて掃除をしてくれているのが普通だったので、いない飼育容器で逆にその活躍ぶりが分かりました。

アオミドロの勢いにも差が

タニシやヌマエビのいる/いない睡蓮鉢では、アオミドロが増える勢いにも差が出ています。

「いる」ほうの睡蓮鉢ではアオミドロがあまり増えず、「いない」ほうではとても増える。まだ春なのに。

わが家における「いる」睡蓮鉢と「いない」睡蓮鉢の条件の差は以下のようなものです。

タニシとヌマエビが「いる」睡蓮鉢

  • 場所:建物の南側
  • 日光:午前から15時までたっぷり当たる
  • メダカのエサ:与えている

タニシとヌマエビが「いない」睡蓮鉢

  • 場所:建物の東側
  • 日光:午前のみ当たる
  • メダカのエサ:与えていない

日光がよく当たり(光合成)、かつメダカにエサを与えている(富栄養化しやすい)ことで、アオミドロが増える条件としては「いる」睡蓮鉢の方が良さそうなのですが、実際は逆。

「いる」ほうも勿論アオミドロは発生しているとはいえ、少量なので簡単に取り除けます。
「いない」ほうは結構増える速度が速く、除去に時間がかかっています。

ということで、タニシとヌマエビはメダカビオトープに是非ともいてほしい存在。みなさんも一緒に飼ってみてください。

ヌマエビは、もう少し暖かくなってきたら川に捕りに行こうと思います!

【メダカビオトープ】コケを食べてくれるヌマエビを捕りに行こう!

メダカを屋外で飼育していると、発生してくるのがコケ(苔)。ホームビオトープでは、糸状のアオミドロがよく発生します。

コケの素は空気中を漂っているので、発生するのはもう仕方ない。あとはどのようにホームビオトープの循環の中に組み込んでしまうのか、です。

主だったところは手で取り除いていますが、彼らを食べてくれるヌマエビに手伝ってもらうのが見た目にも楽しい。

そこでヌマエビを捕りに行くことにしました。

ヌマエビはそのへんでも暮らしている

ヌマエビ、淡水エビはわりとそのへんでも暮らしています。都会はいないかもしれませんが、地方都市の住宅地~田んぼ周りならいるんじゃないでしょうか。

いつも素通りしている溝に淡水エビがいると知った時は、ええっ、こんなところに!?と驚きました^^

ポイントは溝で一年を通して水が溜まっている部分とか、田んぼの周りで水がせき止められているところとか。
水の流れはないほうがいいです。
そこに藻や雑草が生えていれば、ヌマエビが生息しているかもしれません。

注意!
淡水エビには肉食のスジエビという種もいるらしく、彼らは肉食ゆえにコケは食べてくれない。
凶暴な性格でメダカなどの小魚や小型エビを補食してしまうとのことで、注意が必要です。怖い…。
特徴は透明な身体と7本のスジ、長い手足。

川の堰へ

近所の溝でもいいのですが、今回は子どもたちを連れ、少しだけ足を伸ばして大きめの川の堰?帯工?へ行って来ました。

藻が茂っている部分、草の間、石の下などをガサガサすれば、わりと簡単に捕獲できます。

頑張ってくれました^^

構造物の隙間だけでなく、流れから孤立している河原のよどんでいる部分にも生息しています。
エビの脱皮殻(白い)や死体(赤い)があるので、目安になるでしょう。

子どもたちが頑張ってくれた結果、このような成果に!

ミナミヌマエビ?シナヌマエビ?
額角の長さで判別するらしいですが、どっちなんでしょうか。

用水路や溝は一期一会

田んぼ横の用水路でも、草にエビが群がっているのを見かけました。
ジョギング中だったので、後日捕りに行こうかなと思っていたのですが、忘れていたのは田んぼは稲の生育に合わせて環境が大きく変わること。
用水路も必要に応じて水を溜めたり抜いたりしますから、数日後にはもう水ごといなくなっていました。

近所の溝にもうじゃうじゃ暮らしていたのですが、こちらは溝掃除(草引き)で住処の多くを失い、その後の夏の大雨で流されて消滅…

用水路や溝のエビたちは、見付けたらすぐに捕らないと環境の変化でいなくなってしまいます。