【メダカビオトープ】春到来!メダカ飼育容器の掃除は慎重に

水温が15℃を上回ってくると、屋外飼育しているメダカの活動が活発になってきます。日差しが暖かい日などは、気持ちよさそうに日光浴をしている。エサもぱくぱく食べますね!

でもほとんどエサを食べずに長い冬を越してきたメダカは明らかに痩せていますし、体力も当然ながら落ちています。
冬の間に放置していた飼育容器を掃除する場合は、メダカたちを気遣いながら行いましょう。

掃除は少しで好い

水温が下がる冬の間、メダカは極力活動を行わないことで体力を温存し、じっと春の到来を待っています。飼育者としても、彼らを刺激して体力を使わせないためにじっと我慢の日々。落ち葉などもそのままです。

そして春になり(3月下旬)、水底に溜まった落ち葉や繁殖したアオミドロを取り除いたり、なんなら睡蓮鉢の掃除などもするかもしれませんが・・・

この時に大規模な掃除をし過ぎてはいけません
冬を越えたメダカは痩せていて体力を落としているので、環境(水質・水温)を急激に変えると死んでしまうかもしれないからです。

特に水換えには注意が要ります
容器がコケなどで汚れているといって、水を大半抜き、底土を洗い、ごしごしとタワシでこすったりしてしまうとメダカたちにとっては酷すぎる環境になる。

メダカ飼育の命ともいえるバクテリアが、いなくなってしまうからです。

水を入れ換える場合は1/3くらいまでにして、入れる水も数日前からバケツなどに汲み置きしておいたものを使いましょう。

そもそも掃除不要なので

うちの場合は、赤玉土と水生植物たちが良好な環境を維持してくれているようで、水換えのようなメンテナンスは必要ありません。

アオミドロは発生してましたが、水を埋め尽くすほどではないし、容器壁面のコケもない。水底のゴミも沈殿してません。

水底に沈んでいた数枚の落ち葉を取り(タニシが食べたか、葉脈だけのスケルトンになっていてキレイ)、ピンセットでアオミドロを除去して終了です。

水の透明度が少し低くなってますが、バクテリアたちが活性化することで澄んでくるでしょう。

春は睡蓮鉢のレイアウトを変えたり、新しい水草を植えたりするのに良い季節。今季はこんなふうにしてみよう、と冬の間に温めていたアイディアを実行していくのは楽しいですよね。

【メダカビオトープ】冬はすることがないので、来季の構想を練る日々

エサもいきなり与えすぎない

うちのメダカたちは人懐っこいというか、メンテナンスをしていても逃げないですし、むしろエサをちょうだいよと寄ってきます(^^)

かわいいのでつい多めに与えたくなってしまう・・・
でもまだ夜は水温が下がりますし、消化不良を起こしてもマズい。もっと暖かくなるまで、もう少し我慢しましょう。

5月に入ると産卵を始めますので、その準備のために少しずつ回数を多くエサを与えて太らせていくといいです。

最後に、下の写真は4月初旬のメダカビオトープの様子です。土手部分の緑から、だいぶエネルギーを感じられるようになってきました。

名前不明の草が、元気に若い芽を直立させてます!ここからどれだけ生い茂るのか・・・ 怖いような楽しみなような。

 

【メダカビオトープ】少しだから・・・と油断すると大変、それがウキクサ

小さきことの強み・・・ を最大限に活かした拡大戦略を展開させているのがウキクサ類です。

他の植物たちにひっついて水槽へとやってきては、あっという間に大繁殖してしまう小さな浮遊性の水草たち。小さいゆえに最初は見逃しやすく、また少しならかわいいし好いか、と思わせる外見も備えています。

しかし、彼らの増え方は半端ない
気がつけば水面をウキクサが埋め尽くしていた・・・という水槽は数知れません。今もきっと、世界中にウキクサとの終わりなき戦いをしている人たちがいることでしょう。

ウキクサ対策はただ一つ、見付け次第に除去
これしかないです。

ヒメウキクサのようだ

ウキクサと一口に言っても、種類はいくつもあります。一般的なイメージはこちら。米粒くらいのかわいい水草です。

日本のビオトープ界隈で見られるウキクサは、大きく『ウキクサ属』と『アオウキクサ属』に分類されるようです。

違いは、根の数。
数本以上の根があればウキクサ もしくはヒメウキクサで、根が1本ならばアオウキクサやコウキクサなど。

わが家のウキクサは根が複数本ありますから、大きさ・形状・常緑での越冬などの特徴からみてヒメウキクサっぽいです。

まあ細かい分類はなんだっていいですよね。たくさん増える小さな水草ってことは共通してます。

最初から侵入させない

網で掬いにすくっても、残っていればまたあっという間に増殖するウキクサ。
雰囲気自体は水田っぽくなって悪くはないのですが、「この飼育容器はウキクサ不要」というところがあれば、侵入を許さないことで後々楽になります。

もし水面を埋め尽くすほどに増えてしまい、取り除く場合、一つ一つ手作業で取っていきます。
小さな水草なので、道具も小さな方が向いていて、小さめの網か、茶こしなどが便利です。

【メダカビオトープ】黄色くなったグリーンウォーターから稚魚を引越し

冬越しのために室内飼育していたメダカの稚魚たち。飼育、といっても発泡スチロール容器を室内の窓際に置いて放置していただけなのですが、元々グリーンウォーターだった飼育水が黄色く変化してしまいました。

この水・容器で飼い続けるメリットもないですし、春が訪れて屋外でも問題ない水温となってますので、屋外のトロ舟ビオトープへと引越しです。

水合わせ

メダカなどの魚を別の容器に移す際、気をつけねばならないのが水質の急激な変化です。

飼育水は容器によって異なっていますから、いきなり移動させるとショック状態となり、最悪の場合は命を落としてしまう。

上の写真は左が元の飼育水、右が引越し先の飼育水のpH(ペーハー)を検査薬で計ってみたものです。

左はやや青みがかっているので pH9~9.5あたりのアルカリ性、右は黄緑なのでpH7~8あたりの中性~弱アルカリ性くらいになってます(分かりにくい写真で申し訳ない)。

緑の水に比べると、黄色の水はアルカリ度が弱かったです。とはいえ、pHが1.5~2ほど違う。手間はかかりますが、新たな環境の水に慣らしていく必要があります。

水を足し、待つ。の繰り返し

ということで、引越し方法ですが。
元の飼育水に引越し先の水を足し、しばらく待ってはまた足すことの繰り返しです。こうすることで、メダカは少しずつ新しい水に馴染んでいきます。

プラケースなどに元の飼育水を半分ほど入れ、そこに稚魚も入れます。この時、網よりもカップなどを使って捕まえるほうが魚への負担が少なく済みます。

次は稚魚の入ったプラケースを、引越し先の容器内に入れる。まずは水温を合わせておきましょう。

30分~1時間ほど放置したら、水を足していきます。いきなり多くは足さず、3分の1ほどにします。そして再び、30分ほど待つ。

これを繰り返し、プラケース内の水がほぼ引越し先の水になるまで行けば完璧。そこまでせずとも、8~9割混ざれば大丈夫でしょうか。

水を足しているうちにプラケースから溢れてくるので、その分は外に捨てます。

水合わせが終わり、新しい飼育容器で泳ぐ稚魚。

ここには大人たちもいるので最初はドキドキでしょうし、さっそく追いかけられたりもしてましたが、暮らしやすさはこちらがずいぶん上のはず。
元気に大きくなってほしいです。

【メダカビオトープ】大型水鉢の穴を埋めてビオトープを立ち上げる:前編

穴の開いた水鉢を補修し、メダカビオトープとして立ち上げていきます。まずは穴埋めです。

写真は知り合いの方からいただいた、大型の水鉢です。直径は66cmで、内径も62cmほど。直径42cmほどの睡蓮鉢でもそれなりの大きさですから、60cmを超えるLLサイズは迫力が違います。

これにメダカビオトープを作れば、さぞ映えることでしょう。ただ残念なことに、この水鉢には、以前の所有者さんが空けた穴が開いています。

エアレーションなどのために開けられたようですが、メダカビオトープでは不要なので塞がなければなりません。

穴埋めに使ったもの

穴埋めにはいろいろな方法があります。今回僕が使用したのは発泡スチロール、そして水際の防水シーリング補修剤『バスボンドQ』です。

補修剤にはいくつかの種類が発売されていますが(バスコークなど)、用いるのは「防カビ剤不使用」タイプ。
こちらの商品は用途に「飼育用水槽」と書いてあるので安心して使えます。

穴を埋めていく

穴埋めの手順は、インターネット上の情報を集めて自分なりにやったのもにつき、参考程度にしてください。

まず穴の大きさにちょうど合うよう、発泡スチロールを削り、埋め込みました。

この発泡スチロールは防水シーリング材を塗るための土台なので、なんとなくで良いと思います。良い具合の大きさに削って入れば、その上にバスボンドを塗っていきます。

僕は心配性なので、念のために二度塗りをしました。15分ほどすると表面が乾くので、塗りが足りなさそうなところに厚塗り。

外側は、そんなに丁寧にしてません。
こちら側まで水が沁みだしてくるということは、内側に隙間があってアウトってことなので、外はそれなりでいいんじゃないでしょうか。たぶん。

全体的に塗り終わったら、硬化するまで1~2日放置です。

水を入れて、アクを抜く

1~2日経ち、シーリング剤が硬化すれば(とはいってもシリコンなので弾力がある)、水を張って様子を見ます。

沁みだしていないので、成功したようです。

説明書きによると、ここからアクを抜くために2~3回の水換えをするのだとか。器が大きく、穴も少し上にあるだけに、これは大変そうです。

これらが完了すれば、いよいよメダカビオトープの立ち上げとなります。
どんな水景にしようか、わくわく。
まずは赤玉土を買って準備しておかねば。

後半へ続く(近日公開)

【メダカビオトープ】稚魚の越冬用グリーンウォーター、茶色くなる!

晩夏に産まれたメダカの稚魚は、十分な成長が間に合わず冬を迎えることになります。

水温が下がるとメダカは活動が低下し、エサを食べずにじっと春を待つのですが、体力がなければそこで力尽きてしまう。
稚魚の多くは体力が備わってないので、通常は春まで生き残れないわけです。

そこで稚魚たちが冬も栄養を取れるように、エサとなる植物プランクトン(藍藻類)が大量発生した水で越冬させるのですが・・・

【メダカビオトープ】稚魚の冬越しをグリーンウォーターで挑戦する

初の試みとなった2018/19 冬は残念ながら失敗に終わってしまいました(涙)。

開始したときは10匹ほどいた稚魚たちのうち、3月まで生存できたのはわずか3匹。これは少ない。

翌年以降、同じ失敗を繰り返さないように原因を調べておく必要があります。

黄色くなった緑水

2018/19 冬の失敗点は主に2つです。

  • 稚魚をサイズ分けしなかった
  • グリーンウォーターが黄色く(茶色く)なってしまった

稚魚のサイズ分けについては、別ページで書いてありますので、よければそちらを見てください。

【メダカビオトープ】順調に育っていった稚魚が突然減っていった件

ではグリーンウォーターが黄色くなった原因は何か。

黄色くなった水にいるのは、藻類のなかでも「珪藻(けいそう)」という黄褐色のグループだそうです。
グリーンウォーターを作る「緑藻類」がなんらかの理由でいなくなり、「珪藻類」がぐんと増えて黄色くなる

何故、緑藻類たちがいなくなってしまったかですよね。

富栄養化?日光不足?

調べてみると、グリーンウォーターが黄色くなるのはさほど珍しくない現象のようです。小さな飼育容器なので、生態系のバランスが崩れることは往々にしてあると。

そしてグリーンウォーターが黄色、もしくは茶色に変色するのは、バクテリアによる濾過が上手くいっておらず、水が富栄養化してしまっているからだとか。

富栄養化・・・ アクアリウム界隈でよく目にする言葉ですね。窒素などが水中に大量に余ってしまっている状態です。

もしくは、日光が不足している

結局、対策が分からない(涙)

このうち、バクテリアに関しては最初からアテになりません。だってグリーンウォーターにするために、赤玉土などのバクテリアの住み家になるものは入れてませんから。

バクテリアなしでも富栄養化しにくいのがグリーンウォーター。

排泄物の栄養吸収は、植物プランクトンたちが担っていた。彼らがいなくなったからこそ、排泄物がそのまま残り、水質が悪化してしまったのではないか。

富栄養化を防ごうとして水草を入れると、グリーンウォーターになりませんし。そもそも冬は寒くて水草は枯れますし。
実験で入れっぱなしにしていたホテイアオイ、これが原因?

日光に関しては、これ以上はないと言うくらいに窓際に置いていたので、さらに当てるのは困難・・・。

どうしたらいいんでしょうね(苦笑)

減った分を足すだけにとどめて水換えをしなかった水を、少しずつ換えていくべきだったかのでしょうか。

すみません、結論に至らずです。
これかも、と思い当たる節があれば、教えてください。

生存した稚魚は元気

こんな黄色くなってしまったグリーンウォーターでも、わずかに生き残った稚魚たちはふつうに暮らしています。その頑張りに拍手したい。

彼らには是非とも長く元気に生きてほしいですし、これから少しずつ水換えをして、大人たちのいる別の飼育容器に引越しさせていく予定です。

まずはスポイトで底に溜まっている排泄物を取り除き、減った水を足しました。

【メダカビオトープ】シュライヒのフィギュアを置いてみたら良い感じ

春のお彼岸の季節を迎え、大型睡蓮鉢に作っている土手部分が芽吹き始めました。
ここにはコケ類を植え付けているのですが、今は水辺の草原といった面持ち。動物のフィギュアを置くと良い感じになります。

使用しているフィギュアは、ドイツの有名ブランド、シュライヒ(Schleich)です。まるでそこに生きているかのような造形、熟練した職人さんがひとつひとつ手作業で行っている着色。
商品としてすばらしい出来で、想像力を刺激されます。

シュライヒ in メダカビオトープ

水を飲みにやって来たシマウマたち。
サバンナの貴重なオアシスでの一コマです。

吠えるカバ
なにがあったのでしょうか。

草原の少し小高い丘にいるオカピ
のどかに日光浴ですかね^^

こちらは去年撮影したものですが、夕焼けの岩場に立つ雄ライオン。渋いです。

いかがだったでしょうか。
フィギュアの仕上がりが素晴しいので、わが家のビオトープがアフリカになったかのような。

季節が進めば、植物が育ってまた風景が変わっていきますし、手持ちのシュライヒは他にもいろいろあるので、時々撮影して紹介していきます!

(水辺の生きものとか、増やしたくなるね!)

【メダカビオトープ】3月なのにボウフラ!?

3月になって暖かくなってきたある日。
去年の夏に田んぼの土を入れ、稲を育てていたペットボトルを覗いてみると、なにやらうごめく者たちがいるじゃないですか。

その動き方、形、これはボウフラ・・・。

土にスポイトを付けて吸ってみると、眠っていたであろうボウフラたちがわんさか捕れました。

ヒトスジシマカは卵で越冬する

5月頃から見かける蚊。まだ3月の上旬だというのに、ボウフラが存在するのか?

どうやら、身体に縞模様のあるヒトスジシマカは寒さに弱く、成虫のまま越冬することはできないそうです。

彼らは卵を水際に植え付け、その卵が越冬する。そして暖かくなると孵化。

昼間は水温が20℃を超えているのですから、活動を開始していても不思議はないです。
冬だからと言って油断せず、溜まりっぱなしの水には注意しないといけませんね。蚊の卵は乾燥に強いみたいですけれど・・・

早春の生き餌祭り

捕まえたボウフラたちは、さっそくメダカの睡蓮鉢へとお引っ越しです。

冬の間、植物プランクトンばかり食べていたメダカたちにとっては、生き餌のボウフラは良い栄養になったでしょう。

ぱくぱくと食いついていました。
人は残酷なものなり。

【メダカビオトープ】春近し、水温23℃!繁殖していたアオミドロを取り除く

3月に入ったあたりから、晴れの日はけっこう暖かくなりました。風はまだ冷たいですが、水温は上がっているので、メダカたちは活発に動き始めています。

天気の良い日に、日当たりの良い飼育容器の水温を測ってみると、なんともう23℃!
日陰の睡蓮鉢も17℃を超えていました。

メダカは15℃を超えると動きが活発になり、エサも食べるようになります。産卵の準備も始まる。いよいよです。

ピンセットでアオミドロを取る

水温が17℃を超え、メダカたちの活動が活発になってきたので、冬の間はそっとしておいた飼育容器の掃除を行いました。

こちらの睡蓮鉢では、冬の冷たい水にも負けずに繁殖したアオミドロが勢力を拡大していました。
メダカたちも、身体が引っかかって泳ぎづらそう。

温かくなったとはいっても、水温17℃はまだ冷たい。アクアリウム用のピンセットを使い、アオミドロを丁寧に取り除いていきます。沈んでいたモミジの葉っぱも一緒に。

けっこう取れました。
この大型のピンセットは便利でよく使うので、飼育道具としてオススメします。

アオミドロがなくなったことで、すっきりしました。
水底で芽を出しているのは、ナガバオモダカ。
この草は繁殖力が旺盛ですので、夏にはいったいどのくらいまで生い茂るでしょうか。稚魚の隠れ家になってくれると期待します。
コウホネも芽を出していました。

下の写真は、水底に沈んでいたトチカガミの越冬用殖芽です。
少し発芽してますね。

緑が増してきた

一方、大型睡蓮鉢の方も春らしく雑草たち(笑)が芽を伸ばしてきました。
こちらは80cm×80cmあり、向かって左角に植物を植えるための土手を作ってあります。

草はこれからどんどん増えてくるだろうから、どの程度を残すか思案のしどころ。ハイゴケでしょうか、コケも元気になってます。

立ち上げから2年目を迎えるこの大型睡蓮鉢が、どう自然変化していくのか、楽しみです♪

【インセクトホテル】虫ホテルを作る注意点

単独行動性のハチやテントウムシといった、害虫を補食したり花粉を媒介する虫たち、いわゆる益虫に越冬場所を提供することを目的とした、虫ホテル(インセクトホテル、バグホテル)。

2019年はこの虫ホテルを作っていきます。

そのための情報を不得手な英語サイトから集めているなかで、注意点を提起しているところがありました。
THE ENTOMOLOGIST LOUNGE というブログの”Insect Hotels: A Refuge or a Fad?” という記事です。

どうやら欧州ではインセクトホテルがガーデニング関連のショップで普通に販売されているそうなのですが、それらはしばしば、呼び寄せたい虫たちにとって好ましくないデザインになっていると。
虫たちが生き残るうえで重要な、メンテナンス面での考慮がなされていないそうなのです。

病気・寄生虫のリスク

特に問題提起されているのは、大規模なインセクトホテルには病気や寄生虫のリスクが高まることです。

自然界とは異なり多数の巣が一箇所に集まるので、寄生ハチや寄生ハエがそこに卵を仕込んだ場合は、ホテル全体の保護したい虫が被害に遭ってしまう。そして、それが翌年も続くというから怖い…。

また、カビが生えることで虫たちへの病気が持ち込まれるらしく。カビは湿度を好みますので、雨からきちんと守れる屋根などがあることが不可欠なんですね。なるほど。

虫たちのシェルターを用意したのに、それが虫たちにとって害を与えるものであっては本末転倒。適切な配慮をすることは製作者の義務で、そのカギになるのは正しいデザインとメンテナンスである、ということです。

スモール・イズ・ベター

前置きが長くなりましたが、以下の点を注意して、虫ホテルを作りたいと思います。

■大きなものを1つより、小さなものを複数

複数種の生物が暮らす大型の“マンション”を作ろうとはせず、ハチ用、テントウムシ用など棲んでほしい生きものごとに小型の“アパート”を用意する。

湿度や日照など、生きものによって適した環境は異なりますし、カビなどの繁殖で全体が汚染されるのも防げます。
製作もメンテナンスも、し易そう。

エキスパートなら大規模ホテルの運用も可能ですけど、初心者は小さいものから始めるとムリがありません。

■ただしく設置

たとえばハチ用のホテルは、「陽の当たる南向きで、地面から1m以上離し、風で揺れないようしっかり固定する」必要があるそうです。

好む環境は虫によって異なるので、勉強しないと。

■自然の素材で、頑丈に作る

材料を庭から調達できれば、理想的。
虫たちを不快にする化学物質(防腐剤や塗料など)は使用せず、天然素材で作る。

そのまま使うのですから、腐りにくい材質の木材が良いですね。本体が雨に濡れないように守る、屋根部分をしっかり作る必要があります。

■清潔に保ち、傷めば交換

虫ホテルは、作れば完了ではなく、メンテナンスに気を配ることが重要だそうです。

虫たちも一度利用され、汚れたままのホテルには来季も通ってくれないらしく、ハチホテルの場合だと夏の終わりに点検・掃除をしなきゃならない。

メンテナンスすることで、病気を媒介するカビやダニの繁殖を予防することになるなら、たしかに大事だ。

そして薬品による防腐処理などをしないので、虫ホテルは風雨で劣化してしまいます。2年ごとにパーツ交換するなどしていくみたいです。

すばらしい先達さんたちは数多いので、勉強しながら、虫たちの暮らせる空間を庭に作っていきたいです。
自然バランスの取れた庭なら、農薬や殺虫剤を使う必要はない。子どもたちにも伝わるものは多く、貴重な経験になると思います。

【インセクトホテル】てんとう虫のための虫ホテルを作りたい

テントウムシ用の虫ホテル(虫ハウス)を作りましょう。

テントウムシは、ガーデニングにおける害虫の代表格であるアブラムシを食べてくれる“益虫”です

益虫とは、いわゆる害虫を食べたり受粉を媒介したりと、人の役に立ってくれる虫のこと。

益虫にはいろんな種類があり、アブラムシを食べてくれるのがテントウムシ、ヒラタアブ、アブラバチなど。
生きた虫を捕食する、生態系の上位昆虫がカマキリやトンボ、アシナガバチなど。それにクモも。

アシナガバチやアシダカクモはけっこうな強面ですが、テントウムシは子どもたちにも大人気なので、虫ホテルの入門に適してるんじゃないでしょうか。

テントウムシは成虫だけでなく、幼虫の時もアブラムシをよく食べてくれます。1匹で1日に20匹くらい食べるそうです。

インセクトホテル(虫ホテル)を作る目的は、その益虫の越冬場所を用意し、春以降に庭で活躍してもらうことにあります。
来てほしい虫に、気に入ってもらわなければ意味がない。それぞれに合ったホテルを準備せねばなりません。

“益虫”テントウムシ

ガーデニング界隈の害虫として超メジャーな存在なのがアブラムシです。本当によく見かけますし、殺虫剤もよく売られている。

でも化学薬品を使うことで、薬品に耐性をもったアブラムシが生まれてきます。そして気に入らない生物は殺虫剤で全滅させてしまえば良いという考え方に抵抗もあります。

結果的にそういう庭はバランスが崩れ、余計にトラブルが多発するんじゃないか。
出来ることならば自然界の作用によって数を減らしていきたい。

ということで、誘致するターゲット益虫はテントウムシ。テントウムシ用の虫ホテルを作りましょう。

テントウムシの習性

お客さんに来てもらうには、満足度を高めねばならない。そのためには、習性を知らねばならない。

テントウムシの越冬について調べて見ますと、ポイントは以下の2つのようです。

  • 冬の間は集団で寒さに耐える
  • 越冬する場所は落ち葉の下、石の隙間、樹皮の下、建物の中など風の当たらないところ

ザ・テントウムシの模様をもつナナホシテントウは寿命が数ヶ月しかなく、越冬前に産卵をして死んでしまうことが多いそうです。
一方でナミテントウは2年ほど生きるため、落ち葉の下などで冬眠・越冬する。
インセクトホテルに呼ぶのは、ナミテントウなのかな。

こちらのブログ(garden therapy)によると、テントウムシを惹き付ける植物は キンセンカ、ディル、マリーゴールド、コリアンダー、チャイブ、コスモスなど。ハーブ系が多いです。

春~秋にこれらの植物を植えていると、テントウムシがやってくる云々。
そしてタイムのような背の低い草(グラウンドカバー)があると、捕食者からの隠れ家になります。

材料

海外のテントウムシ用インセクトホテルを検索してみると、鳥の巣箱のような形状をよく見かけます。
amazon には、下の画像のようなテントウムシ・ハウスが売られていました。

屋根と壁があって風雨をしのげ、壁にテントウムシが出入りするためのスリットがあれば良さそう。
内部は空で良さそうですが、表面積を増やすために、木の切れ端などを入れるのもありでしょう。

使う材料は、
安い木材だとどれも耐水性は期待できないか。
2~3年で取り替えるスタンスがいいのでしょう。

中を見られるようにするのであれば、蝶つがいが必要になります。

スリットを開けるための工具は持ってないので、どうしましょうね。