ビオトープ

ビオトープ

【メダカビオトープ】立ち上げ時に活躍するパイロットフィッシュという存在

メダカビオトープや水槽など、魚を飼育する容器を立ち上げる時に重要になるのが“パイロットフィッシュ”です。新しく立ち上げた水槽などにバクテリア(微生物)を増やし、魚の住みやすい環境へと導いてくれます。
ビオトープ

【メダカビオトープ】春到来!メダカ飼育容器の掃除は慎重に

水温が15℃を上回ってくると、屋外飼育しているメダカの活動が活発になってきます。そろそろメンテナンス開始。でも冬の間に放置していた飼育容器を掃除する場合、急激な変化を起こすのは禁物です。
ビオトープ

【メダカビオトープ】少しだから・・・と油断すると大変、それがウキクサ

他の植物たちにひっついて水槽へとやってきては、あっという間に大繁殖してしまう小さな浮遊性の水草たち。増え方が半端ないウキクサ対策はただ一つ、見付け次第に除去、これしかないです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】黄色くなったグリーンウォーターから稚魚を引越し

冬に室内に入れていたグリーンウォーターが黄色く変化。春が訪れ屋外飼育が可能となったので、稚魚をトロ舟メダカビオトープへと引越しさせます。重要なのは水合わせです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】大型水鉢の穴を埋めてビオトープを立ち上げる:前編

穴の開いた水鉢を補修し、メダカビオトープとして立ち上げていきます。まずは穴埋め。使うのは防カビ剤不使用のシーリング補修剤です。
ビオトープ

【メダカビオトープ】稚魚の越冬用グリーンウォーター、茶色くなる!

晩夏に産まれた稚魚メダカをグリーンウォーターで越冬させる試み。2018/19 冬はこれが上手くいきませんでした。緑の水が、黄色く変わってしまったのです。
ビオトープ

【メダカビオトープ】シュライヒのフィギュアを置いてみたら良い感じ

わが家のメダカビオトープに、ドイツのシュライヒフィギュアを置いて撮影しました。シマウマ、カバ、オカピ・・・あたかもそこがアフリカになったかのようです!
ビオトープ

【メダカビオトープ】3月なのにボウフラ!?

3月になって暖かくなってきたある日。水の溜まったペットボトルを覗いてみると、なにやらうごめく者たちがいるじゃないですか。その動き方、形、これはボウフラ・・・
ビオトープ

【メダカビオトープ】春近し、水温23℃!繁殖していたアオミドロを取り除く

3月に入ったあたりから、晴れの日はけっこう暖かくなりました。水温は15℃を超え、メダカたちは活発に。冬の間はそっとしておいた飼育容器の掃除を行いました。
ビオトープ

【インセクトホテル】虫ホテルを作る注意点

欧州ではインセクトホテルがガーデニング関連のショップで普通に販売されているのですが、それらはしばしば、呼び寄せたい虫たちにとって好ましくないデザインになっているそうです。虫たちが生き残るうえで重要な、メンテナンス面での考慮がなされていない
タイトルとURLをコピーしました