【メダカビオトープ】シュライヒのフィギュアを置いてみたら良い感じ

春のお彼岸の季節を迎え、大型睡蓮鉢に作っている土手部分が芽吹き始めました。
ここにはコケ類を植え付けているのですが、今は水辺の草原といった面持ち。動物のフィギュアを置くと良い感じになります。

使用しているフィギュアは、ドイツの有名ブランド、シュライヒ(Schleich)です。まるでそこに生きているかのような造形、熟練した職人さんがひとつひとつ手作業で行っている着色。
商品としてすばらしい出来で、想像力を刺激されます。

シュライヒ in メダカビオトープ

水を飲みにやって来たシマウマたち。
サバンナの貴重なオアシスでの一コマです。

吠えるカバ
なにがあったのでしょうか。

草原の少し小高い丘にいるオカピ
のどかに日光浴ですかね^^

こちらは去年撮影したものですが、夕焼けの岩場に立つ雄ライオン。渋いです。

いかがだったでしょうか。
フィギュアの仕上がりが素晴しいので、わが家のビオトープがアフリカになったかのような。

季節が進めば、植物が育ってまた風景が変わっていきますし、手持ちのシュライヒは他にもいろいろあるので、時々撮影して紹介していきます!

(水辺の生きものとか、増やしたくなるね!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。