【メダカビオトープ】メダカの赤ちゃん用にグリーンウォーターを作る

ビオトープ

メダカの飼育に良いといわれるグリーンウォーター。僕が関心を持ったのは、初めて稚魚がかえった時でした。

針子と呼ばれる、生まれたての稚魚はとても小さいので、成魚用のエサは小さくすりつぶさないと食べることができない。

せっかく生まれた針子たちが餓え、次々に☆にしてしまったことが何度もあったのです。

針子たちの生存率を高める方法はないのか。調べた結果、グリーンウォーターが良いということで早速作ってみることにしました。

グリーンウォーターって何?

グリーンウォーター。緑の水。
その名が示すとおり、植物プランクトンが大量に発生・繁殖し、緑色になった水のことです。

畑に置いてある水瓶の中の、緑になった水。
ため池の緑の水。
流れがなく、陽の当たる場所に溜まっている水は、よくこのグリーンウォーターになっています。
あまりキレイな印象のない水ですよね(苦笑)

空気中には植物プランクトンが漂っているので、溜置かれた水には植物プランクトンが暮らすようになります。
そこが日光が当たり、植物プランクトンを摂取するものが少ない場所なら、光合成を行いつつどんどん増えていく。大量に繁殖すれば、緑水の完成です。

温かい春以降なら、10日~2週間もあれば良いグリーンウォーターになります。

どうしてグリーンウォーターがメダカに良いのか

グリーンウォーターがメダカを飼ううえで良いのは、植物プランクトンがメダカの餌となるからです。

稚魚だけでなく、成魚メダカも植物プランクトンを食べて生きています。わざわざ人工のエサを食べずとも、エサの中で暮らせれば、成長も早く元気になりますよね♪

それに植物プランクトンは“植物”というだけあって、バクテリアがアンモニアを分解した時にできる硝酸塩をエサとして増えます。
水質の浄化にも役立ってくれるので、少しずつ水換えをしたり足し水をしていれば、メダカが暮らしていくことが可能です。

いいことだらけですね。

室内の水槽で育てるより、屋外のグリーンウォーターの方が早く大きくなりますし、生存率も上がります。

グリーンウォーターの作り方

ではさっそく、グリーンウォーターを作ってみましょう。

方法は簡単。
水を容器に汲み、日光の当たる場所に置く
そして待つ。
以上^^

ポイントは植物プランクトンがしっかりと光合成を行えるよう、太陽の光が当たる場所に容器を置くことです。ここ、重要。

また、植物プランクトンが増えるための栄養素を食べてしまう生体がいる場合は、エサがないのでなかなかグリーンウォーターにならないようです。

赤玉土や砂利が多くあるとバクテリアが増え、植物プランクトンを食べてしまうので、グリーンウォーターを作る場合は入れません。

水草も植物プランクトンのエサとなる硝酸塩を吸収してしまい、グリーンウォーターになりにくいようです。僕の経験では、小さなホテイアオイくらいなら緑になりました。

あとはそう、水温です。
植物プランクトンは水温が低くなると増えにくいので、春から秋くらいでないと出来てきません。

  • 光合成のために日光に当てる
  • 水草は入れない
  • 濾過材(赤玉土、砂利など)を入れない
  • 低くない水温

プラスティック製の容器に水を入れ、日光の当たる場所に置きました。何故か少量入れてしまった赤玉土(汗)

同時に卵も入れてあるので、孵化する前にグリーンウォーターになってくれるよう祈っての立ち上げです。

約2週間後です。だいぶグリーンウォーターになってきました。針子も次々に生まれています。

約3週間後。立派なグリーンウォーターになり、針子たちも元気に育っています。
容器の色が濃いので、緑も濃く見えます。
実際、少し濃いめかも。もう少し水換えをした方が良かったように思います。

実はこのグリーンウォーターで飼育していた針子たちのうち、おそらく半分くらいは☆にしてしまいました(涙)ごめんな。

原因は濃くなりすぎたことによる夜間の酸欠?
別の容器でもグリーンウォーターを作っておき、大きくなった稚魚から引っ越しするなどした方がよかったかもしれません。
来年への課題です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました