【メダカビオトープ】マツバイが増えてきた。2019年5月中旬のビオトープ

5月も中旬になると、日差しはもう夏。睡蓮鉢の水温も、場所によっては昼間は30℃になります。

メダカたちは元気いっぱい。産卵シーズンに入っているので、ウィローモスを指で探ると毎日新しい卵が見つかりますね。

マツバイが生えてきた

昨年の晩夏に購入し、植えていたマツバイ
当時はまだ根が張っておらず、アオミドロを除去する際にほとんどが抜けてしまいました。それでまた新たに買う必要があるな・・・と思っていたら、ちらほらと芽吹き、少しずつ勢力範囲を拡大しています^^

夏を迎える頃には、緑のじゅうたんになっているか?
楽しみです。

アカバナユウゲショウ開花

名前は分からないけれども、有り様がなんか好きだと言っていた植物の正体が判明。
「アカバナユウゲショウ」でした。

判別できた理由は、その花です。
春になり、去年よりもひときわ高く成長したと思ったら、ピンクのかわいい花を咲かせた。ジョギングしていると道ばたで見かける花でした。

からからに乾いた空き地から、ずっと湿り気のある環境まで大丈夫の適応力。

草丈はおよそ50cm。高いです^^

5月から9月にかけて花を咲かせるということで、長く睡蓮鉢を彩ってくれそうです。

成長する水生植物たち

土手や水際の植物たちは、どんどん元気に育ってきています。
でもメダカの稚魚が泳いでいる姿は見かけず、稚魚が親たちに食べられることなく成長するためには、もっと隠れ家が必要なようです。

石に無造作に置いていたコケは活着し、小さな植物が生えてきました。こういった変化が楽しいです。

もう一つの睡蓮鉢

穴を修復した大型睡蓮鉢は、水漏れすることなく順調にメダカビオトープになってきています。

パイロットフィッシュとして入れた7匹のメダカたちは健康な様子で、食欲旺盛。気持ちよさそうに広いスペースを泳ぎ回っています。

水草はマツモウィローモスが入っている程度で、まだ少なめ。近所のホームセンターでシラサギカヤツリが半額だったので植えました。

立ち上げた当初よりも、水の透明度が少し下がった印象。濾過バクテリアが増え、植物も増えてくれば、再びクリアになってくるでしょうか。

【メダカビオトープ】グリーンウォーター作成中。2週間経過し、少しずつ緑色に

メダカの稚魚(以下、針子)をあまり死なせることなく育てたいなら、グリーンウォーターがおすすめです。

緑色の元である植物プランクトンが針子たちのエサになり、一番の死因である「餓死」を回避することができるからです。

針子は口が小さいので食べられるものが限られ、身体も小さいので小まめにエサを与えないと弱ってしまう。水自体が食べ物なら、飢えません。

作るのに時間がかかる

グリーンウォーターを作ることは難しくありません。
・手頃な容器に水を入れて、
・日当たりの良い場所に置き、
・そして水が緑になってくるのを待つ。

ただし、一から作るには2週間ほどの時間が必要になるので、「赤ちゃんが生まれた!緑水はやく!」と焦る前に準備をしておく必要があります。

上の写真はゴールデンウィーク(GW)にグリーンウォーター(GW)作成を始めてから1週間ほど経過した容器ですが、まだまだ透明。
中にはすでに採取した卵が数個入っていて、このままだと間に合わない、と焦っています。

そしてこちらが、さらに6日間が経過した容器。
ようやく、少し緑がかってきました!

植物プランクトンのエネルギー源(硝酸塩など)を供給することで、ちょっとでも早くグリーンウォーターになるよう、別の睡蓮鉢(緑水ではない)から飼育水を少し足した効果があったか。

出来上がっているグリーンウォーターを種水にすれば、早く緑になっていきます。

卵はすでに孵化を始めていて、10匹ほどが生まれました。グリーンウォーターになっていないので、毎日数回、人工飼料を指ですり潰しては与えています。

針子のフンや、エサの食べ残しが植物プランクトンの食料となることで、グリーンウォーター化が促進されると期待。

まだ餓死している様子はなく、このままなんとか上手くいってほしいです。

 

【メダカビオトープ】卵を採取して、グリーンウォーター(未完成)へ

産卵シーズンに入ったメダカたちの卵を採取し、人為的に稚魚育成用の飼育容器へと移します。稚魚を育てるのは、成功率の高くなるグリーンウォーターです。

卵を採取する

わが家のミニビオトープでは、メダカたちは水中の植物に卵を産み付けます。

自作の産卵床も浮かべているのですが、人気はやはり、天然のウィローモス(水生コケ)。時々モスを探ってみると、卵を見付けられます。
産卵床は毎日チェックしますが、こちらに卵が付いているのは稀です。

上の写真は、ウイローモスに付いていた卵を採って、産卵床に付けて撮影したものです。2つ写っているのが分かりますでしょうか。
上側の卵はすでに目が現れていて、撮影中にくるくると動いていました(急いで撮って、水へ!)。

ウィローモスに付いている

参考までに、メダカが卵を産み付けるのは次のような場所です。

水際のウィローモスが生えているところ
浅瀬部分にもありますし、土手と石の間にもよく付いてます。ここに写っていないウィローモスも人気ですね。

浅瀬部分の拡大写真。

土手と石の隙間。
産み付けスポットはたくさん用意してます。

下の写真は、5月上旬のメイン飼育容器の様子です。
暮らしているメダカたちは、20匹ほど。

グリーンウォーター作成中

今年はメダカから卵を強制的に採取することなく、自然繁殖だけでどれだけ増えるか試してみようと思っていました。

でもウィローモスの卵を見付けたら、つい、人為的に稚魚を育てたくもなり(苦笑)。全部は採らず、一部だけ別の飼育容器へと移すことにしました。

稚魚用の飼育容器には、グリーンウォーターを使います。

【メダカビオトープ】メダカの赤ちゃん用にグリーンウォーターを作る

現在、準備中なのですが、セットして1週間が経過した今も、水は緑になる様子がなく透明なまま・・・ そろそろグリーンになり始めてもらわないと、卵が孵化してきますので焦ってます。

ド透明。
内側の白い容器は100均で買ってきたもので、外側の青いのはホームセンターの頑丈な工具用です。

すでに10個くらいの卵が入っているのですが、孵化にグリーンウォーターが間に合っていない場合は、人工飼料をすり潰して与えます。

通常は2週間ほどで緑になるので、もう少しでしょうか。がんばれ、植物プランクトン!