【インセクトホテル】虫ホテルを作りたい

虫や小動物たちに住み家を提供するものとして、ヨーロッパでは“インセクトホテル”、“バグホテル”、あるいは“インセクトハウス”なるものが作られています。

直訳すると“虫ホテル”、“虫ハウス”。
虫のホテル、なんじゃそれ!?って思いますが、大小様々な形状の素材を組み合わせることで、複数の虫たちに、主に冬場を凌ぐ場所を提供するための人工物です。

これがあることで、厄介な害虫を食べてくれる益虫が庭に住んでくれるようになる。蛾の幼虫を食べるハチや、アブラムシを食べるテントウムシたちが安心して心地よく冬を越せる場所を提供し、暖かい季節に活躍してもらうわけですね。

本場の虫ホテルの写真を見ると、妖精たちのおうちのようでものすごくかわいいです。
パブの庭や観光地にアトラクションとして作られていることがあるのも、納得ですよね。

そんなに大きくなくてもOK。

こういうのを自分でも作ってみたい。
完成度は低くとも、作ってみたい。


虫たちの越冬場所なので、冬になる前には完成しているべきものであり、すでに1月末となっている今季はもう時期遅れなのですが・・・
次の冬には絶対に間に合わせる。そのための準備を早めに進めていきます。

まずはインセクトホテルなるものの構成を調べ、デッサン図を書くこと。そして材料集めです。

虫ホテル作りに必要なもの

wikipedia で insect hotel を調べてみました。

インセクトホテルによく使われている材料は、
石や木材
丸太やバーク(樹皮)
アシや竹の束
大きさや形状の異なる素材を組み合わせて配置することにより、様々な種類の虫たちを惹き付けるスポットになるようです。ふむふむ。

例えば・・・

単独行動性のハチには:
異なる大きさで穴の開けられた丸太や幹。石材でも良い。雨水が入らないよう、わずかに傾ける。
穴は貫通させず、入り口はデリケートな身体を傷つけないよう滑らかにしておく。
温かい南向きが好ましい。
束ねたり、古い空き缶に入れたアシや竹も、単独行動のハチに適している。

チョウには:
冬眠するチョウたちは、家屋や小屋の裂け目、あるいは落ち葉の中といった閉じた場所を好む。

テントウムシには:
大きなグループで冬眠することを好む。小枝を詰め込んだ、オープンな木箱が彼らを惹き付ける。


こういったことを元に、材料を集めていくことにします。

レンガや植木鉢の破片などは、粗大ゴミの集積場をチェックしていれば見つかりそう。もちろんホームセンターに行けば、買えます。

板や木の枝も問題ない。
樹皮は、山に行けば倒木から採れそう。
ワラは、秋になれば近所の田んぼにある。
でも小型サイズの竹、アシって、どこで手に入るのだろうか。むむむ。

道具類では、穴開け用のドリルが必須ですね!

下の動画は英語ですが、虫ホテルがどういったものか参考になると思います。

こちらはフランス語ですが、作り方が分かりやすい。

 

【ホームビオトープ】剪定枝やブロックを利用し、エコスタックを作ってみる

ごく小さな、狭小スペースといわれる庭ではあるけれど、好きな雑木を植えて木陰を作りたい。できれば野鳥にも訪問してほしい。

そう思っていた僕が出会ったのが、
『ホームビオトープ入門 生きものをわが家に招く』という本でした。

ここで紹介されていた、庭に食物連鎖の生態系を作るという提案。
多くの生きものを呼び込むためには、家の周囲や庭に●生け垣 ●菜園 ●花壇 ●ミニ林 ●水辺 ●草地 ●石積みなどのエコスタック
の7つの環境を作ることが必要と説明されています。

すてき。
でも現実としては、なかなかこの7つを揃えるのは難しい。そこでメダカを飼っている容器の他に、実現可能なエコスタックを意識して作ることにしました。

エコスタックとは

エコスタックを検索してみますと、この言葉は和製英語だそうです。
一般的でもなく、検索結果もさして多くない。土木関係のページで、環境保全の一環としてエコスタックを作りましたよ、みたいなのばかり見つかります。
山林を開発した代わりに、伐採した木を積み上げたりしている事例が多いです。

ホームビオトープでのエコスタックは、剪定枝やブロック、石などを集めて積み重ねて作ります。

●剪定枝や落ち葉を集めれば、ミミズやダンゴムシ、ムカデ、トカゲなどの家になる。

●石を積み重ねれば、トカゲやコオロギ類の住み処になる。テントウムシの越冬場所にもなる。

ゴミとして捨ててしまうような枝や石が、“小さきものたち”の家や越冬地として活用してもらえるわけです。

それほど場所も取りませんし、これなら出来そう。
ということで、後片付けをし忘れた感を出さないように気を配りながら、庭の各所に枝や石・ブロックを積んでいます。

わが家のエコスタック

ご覧に入れるのは少々恥ずかしいですが、うちの庭のエコスタックはこのようにしてます。

毎年、多量にでる剪定枝の一部を積み重ねたもの。

剪定枝は本当にたくさん出るので、他所でもゴミとせずに積んでます。剪定後はけっこうなボリュームですが、冬になる頃にはもう小さくなってますね。

こちらは、コナラの根元。
ゴミにするのではなく、カナヘビ(トカゲ)やテントウムシなどの越冬場所に役立っているかも、と思うと嬉しいじゃないですか。

花壇の土留として買ってきた自然石風のブロックも、石などと合わせて積んでいます。ポイントは隙間を残し、“小さきものたち”の入る場所を作ることです。

【メダカビオトープ】冬はすることがないので、来季の構想を練る日々

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2018年は大型睡蓮鉢でのメダカ飼育やこのブログを始めたりと、自分にとって大きな変化のあった一年でした。

2019年は蓄積する経験を元に、さらにメダカビオトープを充実させていきたいと考えています。

さて、季節は冬。
水温の下がる冬はメダカや生物たちの活動が低下するので、屋外飼育の場合は特にすることもなく、じっと春の到来を待つことになります。

でも、足し水以外にすることはないのか、というとそうでもなく。
春からビオトープをどうしていこうか、と構想(妄想)を練ることも大きな楽しみです。

2019年の構想

小さな睡蓮鉢でメダカを1~2匹飼っていただけの僕が、大型の容器で本格的なメダカビオトープを始めるようになった2018年。

最初はトロ舟飼育に挑戦し、そしてチャームさんで販売しているFRP製大型睡蓮鉢へと発展しました。
現在はトロ舟2つ、睡蓮鉢2つ、FRP製大型睡蓮鉢1つでメダカを飼育しています。順調な増えっぷりですね。

2019年はここにさらにもう1つ、FRP製の大型容器を加えたいと考えています。そして芦の水景を作りたいです。
イメージしているのは、次のような風景です。

こんな湿地帯の風景・・・
流れを作るのは出来ませんが。

こういう水辺も好きです。
アシとかヨシとか、湿地性のイネ科の植物を植えたい。

そこにデンジソウなどですね。

陶器 水鉢の修復

もう1つ、陶器の大型水鉢もあり、こちらもメダカ飼育容器として稼働させていこうと目論んでいます。

ありがたいことに、知り合いの方からいただいた水鉢なのですが、以前使われた方が水換え用(?)に空けた穴がある。まずはこれを埋めることからスタートです。

かなり大きな水鉢なので、出来上がればステキなものになること間違いなし!
こちらはヒツジクサとかコウホネとかが中心かな。楽しみです。