【メダカビオトープ】コケを食べてくれるヌマエビを捕りに行こう!

メダカを屋外で飼育していると、発生してくるのがコケ(苔)。ホームビオトープでは、糸状のアオミドロがよく発生します。

コケの素は空気中を漂っているので、発生するのはもう仕方ない。あとはどのようにホームビオトープの循環の中に組み込んでしまうのか、です。

主だったところは手で取り除いていますが、彼らを食べてくれるヌマエビに手伝ってもらうのが見た目にも楽しい。

そこでヌマエビを捕りに行くことにしました。

ヌマエビはそのへんでも暮らしている

ヌマエビ、淡水エビはわりとそのへんでも暮らしています。都会はいないかもしれませんが、地方都市の住宅地~田んぼ周りならいるんじゃないでしょうか。

いつも素通りしている溝に淡水エビがいると知った時は、ええっ、こんなところに!?と驚きました^^

ポイントは溝で一年を通して水が溜まっている部分とか、田んぼの周りで水がせき止められているところとか。
水の流れはないほうがいいです。
そこに藻や雑草が生えていれば、ヌマエビが生息しているかもしれません。

注意!
淡水エビには肉食のスジエビという種もいるらしく、彼らは肉食ゆえにコケは食べてくれない。
凶暴な性格でメダカなどの小魚や小型エビを補食してしまうとのことで、注意が必要です。怖い…。
特徴は透明な身体と7本のスジ、長い手足。

川の堰へ

近所の溝でもいいのですが、今回は子どもたちを連れ、少しだけ足を伸ばして大きめの川の堰?帯工?へ行って来ました。

藻が茂っている部分、草の間、石の下などをガサガサすれば、わりと簡単に捕獲できます。

頑張ってくれました^^

構造物の隙間だけでなく、流れから孤立している河原のよどんでいる部分にも生息しています。
エビの脱皮殻(白い)や死体(赤い)があるので、目安になるでしょう。

子どもたちが頑張ってくれた結果、このような成果に!

ミナミヌマエビ?シナヌマエビ?
額角の長さで判別するらしいですが、どっちなんでしょうか。

用水路や溝は一期一会

田んぼ横の用水路でも、草にエビが群がっているのを見かけました。
ジョギング中だったので、後日捕りに行こうかなと思っていたのですが、忘れていたのは田んぼは稲の生育に合わせて環境が大きく変わること。
用水路も必要に応じて水を溜めたり抜いたりしますから、数日後にはもう水ごといなくなっていました。

近所の溝にもうじゃうじゃ暮らしていたのですが、こちらは溝掃除(草引き)で住処の多くを失い、その後の夏の大雨で流されて消滅…

用水路や溝のエビたちは、見付けたらすぐに捕らないと環境の変化でいなくなってしまいます。

【メダカビオトープ】アオミドロへの対処法

屋外でメダカを飼っていると、太陽光の作用により、次第にコケ(苔)が繁殖してきます。これはもう、防ぎようがない。どこからともなくやって来て、自由に増えていく、それがコケです。

コケには様々な種類があります。
ビオトープでよく育つのが糸状のコケ、アオミドロです。

その名のとおり、ドロッとしている。
見栄えが良くないですし、時々メダカも絡まっているし… ゼロにするのは無理でも、少なくできれば嬉しい。

アオミドロへの対策は幾つかあります。
僕がやっているのは次の3つです。

  • 餌をやる過ぎない
  • アオミドロを食べる生き物を入れる
  • 遮光する

アオミドロが発生するのは富栄養

アオミドロはとてもポピュラーなコケです。
よく見かけるのは、流れない水があるところ。
富栄養な田んぼによく繁殖しています。
流れのある用水路では見かけません。

睡蓮鉢などのホームビオトープは基本的に流れがないので、アオミドロにとっては過ごしやすい環境です。

では、日光が当たって流れのない容器内だと必ず発生するのか、というとそうでもなく、グリーンウォーターにしている容器にはアオミドロは見られません

その違いは、というとまず思い浮かぶのはビオトープ内の富栄養。

生体の飼育数が多かったり、餌の量が多かったりすると、水の中に窒素やリン酸といった成分が増えてきます。
窒素、リン酸といえば、カリウムと並ぶ肥料の三大要素。植物が吸収しきれない分は、コケの栄養となります。

餌をやりすぎないことが、アオミドロを増やさないために大事です。

アオミドロをどうやって取り除こう?

ドロッとしたアオミドロをどうやって取り除いていくか。僕がやっている方法は2つです。

  • 手で取る
  • ヌマエビなどの生体を入れる

まずは日々の手による除去です。
メダカを観察しつつ、伸びているアオミドロを発見すれば取る。たっぷり取れた時は爽快感すらあります^^;

しかし細かい部分は取り切れないので、コケを食べてくれる生体の導入です。

コケ取りで有名なのはヌマエビ。
ヤマトヌマエビがよく食べるそうなのですが、僕はそこらへんの用水路や河原で採取したヌマエビを入れています。
ミナミヌマエビかもしれませんが、よく調べてないので分かりません(笑)

ヌマエビは、思いのほかそのへんの用水路で生きています。藻類が生えているところをよく見れば、発見できるかもしれませんよ^^

タニシもまたアオミドロをよく食べてくれるので、おすすめの生き物です。

光を遮る

アオミドロも植物ですから、日光がストレートに水中に届くよりも遮られる方が繁殖力は落ちます。

夏は水温上昇を防ぐためにも、よしずなどを立てかけると良いですし、浮遊性の水草があると遮光してくれます。
水草には水中の栄養を吸収してくれる効果もあり、メダカの隠れ家にもなります。

【メダカビオトープ】赤玉土を使う4つの理由

ホームビオトープでメダカを飼育する場合、容器の底には土や砂利などを敷きます。その目的はバクテリアを繁殖させ、水を浄化するためです。

土や砂利。
どちらを入れるべきか。
僕は aquacat さんにならい、赤玉土を使っています。

その理由は、

  1. 赤玉土が粒が多孔質でたくさんのバクテリアの住処となり水質が安定すること
  2. 植物の根張りにも良いこと
  3. 栄養分が含まれていないこと
  4. お手頃価格

です。

水質を安定させる

メダカを飼育する上で重要、かつ大変なのは、メダカたちの命といえる水を良好に保つことです。理想は、水換えをできるだけ行わないこと。飼育容器内で水質浄化のシステムが回せれば完璧です。

そのために重要なのは、バクテリアが棲むことで亜硝酸塩やアンモニアといった有害物質を分解してくれること。
多孔質な赤玉土ならバクテリアが棲み着きやすく、水質が安定します。
大型の睡蓮鉢にたっぷりと土を入れる aquacat 方式により、より水質の安定が望めると思います。

実際、大型睡蓮鉢ビオトープを立ち上げて以降、足し水だけで水換えはしていません。そして水はきれいに澄んでいます。

赤玉土を使うことで、水は弱酸性になります。

植物の根張りが良い

僕は大型睡蓮鉢に自然の風景を再現する、近づけることを目標としていますので、植物(多くは雑草)を植えています。

そのためにはやはり、砂利よりも土が良いんじゃないかと。砂利でも根を伸ばしますが、張るとなると難しい。
土にしっかりと根を張った植物は、それだけ元気に育ちます。園芸用で小粒の赤玉土を使えば、根張りも良くなるでしょう。

また、水草(雑草)を植えることで水質も良くなります。

バクテリアがアンモニアを分解し、作られた硝酸塩を、植物は窒素として吸収してくれるんです。
良いことだらけの植物なので、赤玉土に植えて風景を楽しみましょう。

栄養素が含まれていない

赤玉土には、ほとんど栄養分(肥料)が含まれていない、これも重要です。

屋外でメダカを飼育する場合、太陽光はプラスにもなり、少しマイナスにもなります。

デメリットは太陽光によって植物プランクトンが元気になり、苔が大繁殖すること。厄介なアオミドロがそこらじゅうにはびこります。

これを助長しないために、土には栄養分の入っていない赤玉土が活躍します。

同じ土で、ビオトープに良いといわれている荒木田土(田んぼの土)は窒素やリンが大量に含まれているため、水質が悪化し、あっというまにアオミドロに覆われるんじゃないでしょうか。

野生メダカの生息環境である田んぼには稲がびっしり植えられ、栄養分を吸収していきます。稲によって太陽光が遮られ、光合成も防ぐ。
そうでもないホームビオトープでは、リスクが高いと思います。

富栄養化を防ぐ、これはホームビオトープ環境を良好に保つうえで非常に重要な要素です。

お手頃価格

ここも重要^^
大型の睡蓮鉢をメダカの飼育容器とする場合、土も多量に入りますから、ホームセンターで手軽に入手でき、かつお手頃価格の赤玉土は財布に優しいです。

 

大型睡蓮鉢のメダカ飼育は水換え不要、差し水だけでOK

睡蓮鉢などでメダカを飼育する場合、気になるのは水換えじゃないでしょうか。

魚にとっての水は、人間にとっての空気と同じで、これが汚れていると健康を害します。魚たちが健康で暮らすためには、水質が良くなければならない。

ただし太陽光が作用する屋外でのメダカ飼育に関しては基本的に水換えは不要で、差し水をすれば大丈夫だと僕は考えています。

条件はあります。

  • 太陽光
  • 水草を入れる
  • 土(砂利)を入れる
  • 餌をやりすぎない

です。

微生物と植物が水質を浄化する

何故水換えが必要になるかというと、水質が悪化するからです。

生物はフンや尿を排出しますが、アンモニアが生物には有害です。アンモニアが溜まると、魚は死んでしまう。

そこでアンモニアを分解するのがバクテリアです。バクテリアはアンモニアと亜硝酸塩を食べ物とし、硝酸塩に分解していきます。
硝酸塩はもう分解されないのですが、植物が窒素酸化物として吸収してくれるんですね。

よく出来ていますよね。
本当に自然の仕組みには感心します。

このバクテリアが繁殖するのが、赤玉土など多孔質な物質です。ごつごつ、凸凹した物質。
なのでメダカの飼育には赤玉土、もしくは凹凸の多い砂利を多めに入れることが重要です。

そして植物もできればたっぷり入れる
水草はメダカたちの隠れ場所にもなり、落ち着いて暮らす環境を提供してくれます。

餌を与えすぎない

バクテリアが繁殖することで、睡蓮鉢やトロ船といったホームビオトープ内には水質浄化のサイクルが作られていきます。

とはいえ、本来の自然と異なり、容器はとても小さい。完全にはほど遠いので、ある程度の配慮が必要になります。

それが餌を与えすぎないことです。

日光の当たるビオトープ環境においては、水中に植物プランクトンや微生物が繁殖し、メダカたちはそれらを餌にすることができます。

なんなら餌をまったく与えなくても、生きていける。

とはいえ餌なしだと飼育できるメダカの数も減りますし、痩せてくるので、健康に卵を産んでほしい僕は一日に一度ほど餌を与えています。
餌に群がってくる姿は、かわいいですしね。つい見入っちゃいます^^

ただ、与えすぎて水中に沈んでしまうと、水質を悪化させてメダカたちの死亡要因となります。
2分ほどで食べきれる量だけを与えるようにしましょう。

足し水の仕方

屋外でメダカを飼っていると、飼育容器の水が自然に毎日減っていきます。夏も冬も減ります。そこで減ったぶんの水を足していくわけです。

足し水には水道水を汲み置きしておいたものを使っています。

理由は、水道水には消毒用のカルキ(塩素)が含まれていて、メダカやエビなどはこのカルキが有害だから。
カルキは屋外で一日放置することで消えます
僕はバケツなどに水を汲んでおき、ビオトープに足し水をしたらまた汲んで放置することを繰り返しています。

市販のカルキ中和剤を使うのもひとつの方法ですね。

睡蓮鉢などへの入れ方は、ジョウロを使ってます。一気に入れてしまうと土が舞い上がるので、ジョウロを使うなどして、少しずつ足していくようにしましょう。

足し水をすることで新しい水がビオトープ内に入り、多少の水質改善にもなるんじゃないでしょうか。

タニシ様が有能

水質浄化には、タニシも活躍してくれます。

せっせと苔を食べ、大繁殖しないことで、ビオトープの密かな人気者となっているタニシさん。彼らの偉大さは苔や餌の食べ残しを食べてくれるのみならず、水質まで浄化するスーパー能力があることです。

説明は省きますが、タニシは植物プランクトンを摂取して水質の浄化・改善をしてくれる。
メダカとの相性も良いですし、導入をおすすめする生物です。

大型睡蓮鉢の水の安定性

赤玉土を使い、水草を植えても、小さな容器ではどうしても水質浄化のシステムを安定させるのは難しくなります。

その点においても、大型睡蓮鉢を導入して良かったと思っています。

たっぷりの赤玉土を使うことで大量のバクテリアが生息できるようになり、多くの植物の力を借りることが可能になり、水も多いのでいきなり汚れない。水質が悪化しにくい。

おすすめします。