【ビオトープ】やってくる生物は駆除せず見守ってます

睡蓮鉢などでホームビオトープを作っていると、次第に様々な生物が訪れるようになります。

なかには歓迎したくない生き物たちもいますが、僕はそんな彼らをできるだけ駆除しないようにしています。
なんといってもビオトープは“生物空間”ですからね!

食害

植物を植えていると、その葉を食べる虫たちがやってきます。昆虫の幼虫たちが多いです。

たとえば、こんな感じ(苦手な方は閲覧注意)。

セスジスズメガの若齢幼虫です。
黒のボディにオレンジの斑点。毒はありません。
葉っぱをモリモリと食べ、裸にしてくれました^^;

おいおい、と思いながらも、仕方ないかな… と。

だがしかしバッタは…

しかし、ただ、バッタはどうしても放置できないんですよね(汗)

お食事中のオンブバッタです。茶色型ですね。

好みの問題ですが、昔からバッタにはバジルやらシソやらを食い荒らされた苦い思い出があり、睡蓮鉢の雑草を食べる姿にも腹が立ってしまう。
見付けたら「ごめんね」と思いつつも摘まみ上げ、遠くへ放り投げています(苦笑)。
数日後にはまた見かけてるので、戻ってきてるんでしょうね。

たっぷり食べてくれたおかげで、土手部分の一部が赤玉土むき出しになり、なんか寂しいので近所の溝から苔たちを採ってきて貼りました。

これはこれで良くなったかな…。

スネール

大量に増えることで、水槽の嫌われもののスネール(サカマギガイ)も、ビオトープ環境では大量繁殖していません。

水質がアルカリ性だと繁殖スピードが増えるらしいのですが、赤玉土が多くて酸性寄りなので増えにくい?

なんにせよ増えまくる様子はないし、ちょっとくらいは苔を食べてくれるだろうし、残餌を食べて水質改善に役立ってくれるし、放置です。

アシナガバチ

夏場は特に、アシナガバチが頻繁に訪れるかもしれません。
うちの睡蓮鉢には、よく水を飲みにやって来ます。

アシナガバチはスズメバチ科なので見た目がいかつく、怖いのですが、性格は大人しく攻撃性も低いです。巣を刺激したり、直接触ったりしなければ刺してきません。

むしろ、ガの幼虫、なかでも厄介なイラガの幼虫を補食してくれる“益虫”なので、来訪は歓迎。アシナガバチが水を飲んでいる時は、こちらは別のことをするなどして、邪魔しないようしてます。

ということで、ホームビオトープにやってくる生き物たちは排除することなく観察したりしています。

ただしバッタだけは退場(笑)。
彼らとの戦い?はこれからも続きます。

ビオトープ用の植物は、田んぼ雑草が好き

ビオトープに植え付ける植物は、なにがいいか。
僕が好きなのは、田んぼや畦(あぜ)に生えている、いわゆる水田雑草です(笑)。

好みでしかないですが、雑草・野草の素朴な感じが好きで。小さな花をさりげなく付けるところに惹き付けられます。

無料である点もすばらしいですよね(笑)。

今回はコナギやオモダカといった、水田の中に生えている草ではなく、畦の草をもらってきて土手部分に植えたので紹介します。

 


植え付け後は、こうなりました。上の写真では、左角の部分です。
いっぱいもらってきたので、植えると割とぎゅうぎゅう。

土手部分。
草で判りにくいですが、赤玉土を5~6cm盛り上げて湿地帯を作っています。イメージしたのは小川の水際です。

別角度。

アップ。
小さな薄紫の花がかわいいです。名前は… 分かりません(苦笑)。

スコップを持って田んぼへ

夏の畦は背の高い草が生い茂っていることが多いので、稲刈りの終わった秋や春のほうが採取に向いてそうです。

スコップ(関東ではシャベル)とバケツを持って田んぼへ行き、細根をちぎらないように土ごともらいます。

除草剤が心配なので、できるだけ散布が少なそうなところ。

採りすぎないことを心がけます。
農家の方に許可をもらう方が気持ち良いので、土日に行く方が出会える確率が上がりそうです。
「メダカを飼ってて植えたいので、少しください」とお願いすれば、たいてい快く分けてもらえます。

採取するのは田んぼに限らず、そこらの草地でもOKです。
要するに、気に入った雑草があれば良い!

あとはこれらの植物たちが冬を越えた後、どのように変化していくかですね。
ナゾの球根も地中にあるので、来年はそれらが姿を見せてくれることでしょう。

見つからない、でも欲しい植物はショップ購入

浮葉植物などは近所の田んぼでは見つからないことも多いので、それらは専門店で購入しました。

この睡蓮鉢では、水中に植えてあるヘラオモダカとマツバイがショップ購入。デンジソウは好意の頂き物です(感謝感謝)。

みなさんも近くに田んぼがある場合、ビオトープ用の植物を採取させてもらってはいかがでしょうか。

チャームの大型睡蓮鉢 凜 でビオトープを立ち上げる

大きな容器を使ってメダカを飼育したい、大きな睡蓮鉢ビオトープを作ってみたいと思っていた僕が見つけたのが、チャームさんが販売している「凜 RIN」でした。

これが大正解だったので、ビオトープ立ち上げまでを紹介します。

FRP製 大型睡蓮鉢

「凜 RIN」はFRP(Fiber Rainforced Plastics 繊維強化プラスティック)という、ユニットバスなどに利用されている素材を使用した睡蓮鉢です。
その特徴は
・軽量
・高強度
である点。
大きいのですが、その見かけにかかわらず女性でも一人で持ち運べます。重いと配達してもらってから設置までが大変なので、この軽さはポイントが高いです。

FRPはさらに腐食しにくく、保温性も良い(Wikipediaより)らしいので、メダカの屋外飼育に向いてますよね。

チャームさんではS、M、Lの3サイズ×4色から選ぶことが可能(欠品中が多いので、見つけた時は押さえちゃうのがいいです)。
壁際や角に設置しやすくて容量の大きな角型もあります。

僕は「角型・ベージュ・M」を購入しました。

用意するもの

睡蓮鉢ビオトープの立ち上げに、今回は以下の4つを用意しました。

  • 飼育容器
  • 赤玉土
  • 植物

「凜」の角型 Mサイズは容量(約)100L。
7~8割は土を入れたいので、赤玉土は14Lを6袋を準備しました。
実際に使ったのは5袋でした。

土と水を入れる

設置する場所を決め、土と水を入れていきます。
一度水を入れると重くて動かせないので、場所選びは慎重に^^

赤玉土は中粒を下に、小粒を上に入れていきます。
植物を直植えするので、植えやすいように小粒を上にします。
土が多いし、水洗いはしません。
すぐに澄んできますしね。

今回は向かって左の奥を土手にしました。
湿った土手があることで異なった性質の植物を植えられ、異なる環境構造、異なる生物のすみわけができます。

あとは単純に、好みなので^^

もし大雨で水が溢れててしまう場合は、この土手部分から溢れるよう、少し低く調整しています。そうすることでメダカが流れ出なくなります。

土が入ったら、次は水を入れていきます。
土を掘り返さないよう、ボウルなどで噴出口を受けます。

なにせ100Lなので、時間もかかります^^
たっぷり入りました。

次は、石のレイアウトです。
河原で雰囲気の気に入った石をもらってくるといいでしょう(川によっては、採取が禁止されている場合あり)。
渓流まで足を伸ばせば、ごつごつしたり苔の付いた石が手に入ります。

とりあえず、こんな感じ。
しっくりしたレイアウトになるまで、何度も修正をしていきます。

続いて、植物を植えましょう。

なんとなくしっくりこない…
右の石がとんがりすぎているので、翌日、置く向きを変更し、土手もほしいので赤玉土を追加して盛ってみました。石も追加です。

良い感じになってきました。

植えている植物は、ホームセンターの売れ残りを特価にしてもらったものや、田んぼで採取したもの、そしてそこらへんの空き地に生えていた雑草(笑)などです。

エノコログサ(猫じゃらし)は湿った土でも頑張ってくれるカワイイヤツです。

あとは
メダカが元気に暮らせる水になるよう、微生物・バクテリアが増えるまで1週間ほどこのまま放置。
すでに睡蓮鉢ビオトープなどがある場合は、そこの水や草を使うことで微生物たちが早く増えてくれるでしょう。

水ができるのを待っている間に、土手の空きスペースに植える雑草を、田んぼの畦で探してこようと思います。

 

めだかビオトープには大型睡蓮鉢がおすすめ!

最近はめだか飼育がブームとのことで、いろんなところでめだか関連の情報を目にします。めだかすくいなんてイベントもありますね☆

僕もひょんなことがきっかけで2018年からめだかを飼い始めました。
最初はタフブネ(トロ船)と言われる容器を使ってビオトープを製作。そうして数ヶ月を過ごすにつれ、ある気持ちがむくむくと膨らんできたのです。

「もっと大きな入れ物でビオトープを作りたい・・・」

そこで見つけたのがチャームさんの「凜 RIN」という大型で軽量な睡蓮鉢。1万円以上と値が張るのですが、「えいや!」と思い切って購入しました!

これが大正解だったので、そのすばらしさを紹介します。

1.本格的レイアウトを楽しめる

僕が買った睡蓮鉢 凜 は「M」サイズながら
65cm x 65cm x H33.5cm(内側サイズ 60cm x 60cm)
と十分な大きさがあります。
容量はなんと約100リットルです。

これだけ大きいと、水面だけでなくちょっとした土手も作れるので、水辺の風景を再現できるんですよね。

めだかビオトープ

左角に土を盛り、そのへんの田んぼで採ってきた雑草を植栽。
河原で拾ってきた雰囲気の良い石を置き、水草を植えました。

どうでしょう?
どこかにありそうな水辺の感じが出てませんか?

大型睡蓮鉢だと、こういうのが余裕をもって作れます。

2.水質が安定する

めだかを飼っていて気を遣うのが水質です。
水が汚れてかわいいメダカたちが☆に…
という悲しい思いをされたこともあるんじゃないでしょうか。

水量は多い方が急な変化がしにくいです。
小さな容器の方が、ふんやエサの食べ残しで汚れやすい。

この大きさだとたっぷり入れた土にバクテリアなど微生物が住み着いて水を浄化。
さらに水草を植えることで、水が汚れにくくなっています。
セットアップの時に水を入れて以来、一度も水替えはしていませんが、水は澄み、メダカたちはとても元気に泳いでいます

3.植物の生長に良い

容器が大きいことで土をたっぷり入れられ、植物がのびのびと根を伸ばしていくことができます。

僕は植えていませんが、スイレンなんかの栽培には大きなサイズが断然向いているそう。

2年目、3年目以降、植物がどう生長していくのか楽しみになります。

4.メダカが楽しそう!

これは嬉しいです。

直径30cmくらいの鉢に比べて、泳ぎ回れる広さが全然違いますから、あちこち泳ぎ回っているメダカたちがすごく楽しそうに見えます

そのメダカたちが、あちこちを泳いでいる姿を見ていると、時を忘れてしまう^^
30分なんて、まばたきの瞬間ですね。

メダカ飼育を主目的にしたビオトープなので、メダカたちが元気で楽しそうなのが一番です!

大型睡蓮鉢でメダカを飼うおすすめ理由

  • 本格的レイアウトを楽しめる
  • 水質が安定する
  • 植物の生長に良い
  • メダカが楽しそう!

ということでチャームさんの大型睡蓮鉢「凜 RIN」はおすすめです!