【メダカビオトープ】容器を分けたら、稚魚の生存率がアップ

ビオトープ

卵から生まれた稚魚を成魚にする、メダカ飼育で最高難度のミッションがこれです。
卵から孵すのは、放置していれば良いので楽勝。
グリーンウォーターがあれば、それなりに大きくもなる。

しかし管理の方法が不十分なのか、そのまま同じ容器で飼い続けていると、少なからぬ数の稚魚たちが死んでしまうんですよね。
順調だと思っていたら、突然「その時」がやってくる。あれよあれよと数が減り、慌てて対処しても残り数匹・・・というような悲劇が起こってしまいます。

これは飼育容器を複数用意することで、かなり解決できました。

成育状態で分ける

産卵シーズン(5月~9月)のメダカは毎日卵を産みます。
生まれてくる赤ちゃんメダカ(針子)は、そのままでは親メダカに食べられてしまうので、順次採卵して別の容器に移していくのですが・・・

この容器がひとつだけだと当然ながら、稚魚のなかでも大きさに差が発生してきます。
生れたての針子と生後2~3週間を経た稚魚では、体格が全然違うからです(同じ時期に生まれた子たちでも差は出る)。

1cm以上に成長した稚魚は、針子にとって脅威となります。食べられるほど体格差がなくても、追いかけられた針子はストレスを受けて弱ってしまう。

なので育った稚魚と生まれてすぐの針子が、同じ容器に入らないようにするのが重要です。

体格別に分けていくと、稚魚の発育は早くなります

容器をローテーション

稚魚用の飼育容器を複数用意することで、水質悪化を避けやすくするメリットもあります。

実は繁殖に挑戦して2年目の今年も、多くの赤ちゃんメダカを死なせてしまいました。原因は水質の悪化だと思います。
容器の底に卵が沈んでいるので、沈殿しているゴミの掃除がしにくく、放置してしまったのです。
そして一気に、大量死する環境になってしまいました

ポイント:稚魚の死亡要因
過密飼育のストレス
水質悪化

採った卵を入れて針子を育てる容器を2つ以上にすることで、この問題に対応できます。

1.まず片方の容器(A)にばかり卵を入れ、孵化した針子たちをそのまま育てる。グリーンウォーターだとさほど難しくない。針子がたくさん増えていく。

2.2週間ほど経つと、針子のなかでも体格差が出てくる。卵を入れるのを、もう一つの空き容器(B)にシフトする。(A)の底に溜まっているゴミを掃除する。

3.(B)の容器で針子が育つ頃には、(A)の稚魚たちはさらに大きく育ち、体力も付いて死ににくくなっている。別の容器(C)へと移し、(A)を再び卵~針子用にする。

この容器のローテーションにより、大きく育って成魚用のメダカビオトープにやって来る稚魚の数は格段に増えました。

スペース等に余裕がある場合は、容器の数をもっと増やすことにより、成功率は上がるでしょう。

参考写真

(A)

↑卵から孵化したての針子たちが暮らす発泡スチロールの容器(A)
少しずつ体格差が出てきました。新しい卵を入れるのは、そろそろ終わりです。

(B)

↑少し大きくなった稚魚が暮らすプラスティック製の容器(B)
沈殿物が気になるようにもなってきたので、そろそろ引越し。ついでに発泡スチロール容器に変えようと思います。

(C)

(D)

さらに育ち、成魚たちに混ざる前段階の発泡スチロール容器(C)とバケツ(D)

バケツ容器(D)の稚魚たちはもう卵を産み始めています。もっと早く成魚と同居させてOKだったのですが、諸事情で待機。
新しく立ち上げているビオトープに入れようかと計画中です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました